本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:メーデーに水をかけられた大韓航空
Home 検索
 


メーデーに水をかけられた大韓航空

財閥清算に怒り集まる...大韓航空、サムスン労働者200人が集結

キム・ハンジュ記者 2018.05.01 17:44

128周年世界メーデーをむかえた5月1日、 大韓航空、サムスン労働者たちが大韓航空西小門社屋の前で 財閥体制清算を要求する集会を開いた。

労働者たちは大韓航空の趙ヒョンミンによる「水かけ横暴」をはじめとする 財閥総師一家の反労働的な態度を糾弾した。 彼らは総帥一家の犯罪処罰と経営権剥奪を要求した。

「ナッツリターン」被害者の大韓航空パク・チャンジン事務長は集会に参加して 「今日(5月1日)、趙ヒョンミンが警察に出席し、私たちには新しい機会が与えられた」とし 「次の被害者が出てこないように闘争の中で立ちあがる。 今は不当さと差別に目をとじることなく、正しくないことを自ら自覚しながら改善していかなければならない」と明らかにした。

▲大韓航空パク・チャンジン事務長

サムスングループ労組破壊被害者の金属労組サムスン電子サービス支会クァク・ヒョンス主席副支会長も 「サムスンはまだ無労組経営の誘惑から抜け出せない」とし 「労働部がサムスンに不利な部分だけを消して勤労監督結果を発表した事実があらわれたのは、わずか数日前だ。 財閥だけでなく検察、警察、労働部皆が共謀して労働者を弾圧した。 これから私たちが戦わなければ、このようなことは繰り返される」と指摘した。

巨済統営固城造船下請非正規職支会のキム・ドンソン支会長は 「昨年の今日、クレーンの衝突事故でサムスン重工業下請労働者6人が死亡し、25人が怪我をした」とし 「事故を誘発した作業は、やってはならない作業だった。 これはただサムスン重工業元請の利益のために強行された作業だ。 鄭ユラに36億、李明博(イ・ミョンバク)のダス訴訟費として100億ウォンを注いだサムスンだ。 造船業多段階下請構造を撤廃するまで闘争する」と声を高めた。

▲金属労組巨済統営固城造船下請支会キム・ドンソン支会長

また公共運輸労組のパク・ペイル副委員長は 「大韓航空に対する国民的な怒りがいつよりも強い」とし 「労働者の私たちが大韓航空、財閥に対抗する戦いの中心に立たなければならない」と話し、 社会変革労働者党のキム・テヨン共同代表は 「昨年よりも非正規職を正規職の8倍も多く雇用した財閥を見過ごさず、 総師の経営権をすべて剥奪しなければならない」と強調した。

集会の参加者らは大韓航空社屋の前で 「犯罪・カプチル(パワハラ)オーナー一家完全退陣」と書かれたプラカードにコップを投げるパフォーマンスをした。 大韓航空はこの日、社屋の正門を鉄の門で閉ざしていた。

「犯罪総帥一家経営権剥奪および財閥体制清算決意大会」には民主労総公共運輸労組大韓航空操縦士労組、 アシアナ操縦士労組、空港港湾運送本部、金属労組サムスン電子サービス支会、 社会変革労働者党など200人ほどが参加した。 集会の参加者らはこの日の午後2時、メーデー大会が開かれるソウル市庁広場までデモ行進して合流した。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2018-05-02 11:36:15 / Last modified on 2018-05-02 11:36:43 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について