本文の先頭へ
LNJ Logo 2017 Korea News
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder 00_2017
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:全州市、占拠労働者に退去命令…公権力投入手続きか

2018/09/25

全州市が9月2日午後4時10分頃、 全州市庁を占拠したタクシー労働者たちに退去命令書を送った。 市庁が公権力投入の手順を追うものと見られる。

 

韓国:全国700人の叫び...「タクシー労働者頑張れ」

2018/09/25

9月1日、全国の労働者、市民約700人が全州市庁の前で開かれた労働者市民共同行動に参加し、 キム・ジェジュの高空籠城を応援して金承洙(キム・スンス)全州市長に全額管理制約束を守れと要求した。

 

韓国:全州市庁封鎖・占拠したタクシー労働者6人の話

2018/09/25

タクシー解雇労働者6人が全州市庁を占拠して2日経った。 チャムセサンは占拠現場でなぜ彼らが占拠を選んだのか話を聞いてみた。

 

韓国:「公権力投入すれば飛び降りる」…占拠労働者、首にロープ

2018/09/25

タクシー解雇労働者6人が全州市庁を占拠した中で、 完全月給制施行を要求しながら362日間、 全州市庁の前で高空籠城中のキム・ジェジュが 「国家が公権力を投入して私たちを引き下ろせば、 ここで首を吊って飛び降りる」と警告した。

 

韓国:[フォト]全州市庁占拠現場

2018/09/25

「全額管理制施行するまで」

 

韓国:市民社会団体、起亜車暴力とスト権蹂躙を糾弾

2018/09/25

非正規職ストライキ労働者たちを暴行した起亜自動車使用者側の不当労働行為を市民社会団体が糾弾した。 彼らは起亜車使用者側が正当なストライキ行為を組織的な暴力で妨害していると指摘する一方、 文在寅(ムン・ジェイン)政府になっても救社隊の暴力が相変わらずだという事実にみじめだと明らかにした。 起亜車非正規職労働者たちは当日、元請救社隊の暴力事態を証言して起亜車に責任を問うた。

 

韓国:タクシー労働者、全州市庁奇襲占拠…全額管理制を要求

2018/09/24

タクシー労働者たちが8月31日午前9時30分頃、 全額管理制を要求して全州市庁を占拠した。 労働者の1人は4階バルコニーにしがみついて市庁の占拠現場侵奪を防いでいる。

 

韓国:ヘイトを突破して包括的差別禁止法制定を

2018/09/24

保守プロテスタント界の反発により、これまで11年間座礁してきた 包括的差別禁止法の制定に向けた市民社会界の動きがまた本格的に始まった。

 

韓国:起亜車非正規職、首にロープを巻いてストライキ

2018/09/24

起亜自動車の非正規職労働者たちが8月30日、プラスチック工場で座り込んで全面ストライキに突入した。 キム・スオク支会長は首にロープを巻いて元請管理者の投入に抵抗している。

 

韓国:あらわれた双竜車国家暴力…解雇者家族「政府が答える番」

2018/09/24

警察庁人権侵害事件真相調査委員会議の報告書が公開され、 MB(李明博)の双竜自動車暴力鎮圧最終承認が明らかになった。 そのため双竜車解雇者家族が警察庁次長と会い、政府の謝罪と解雇者の名誉回復、治癒対策を要求した。

 

韓国:中央行審委、サムスン営業秘密認定…パノルリム「労働者生命権無視」

2018/09/22

半導体労働者の健康と人権守備隊パノルリムが、 中央行政審判委員会によるサムスン電子営業秘密認定について 「職業病の存在、労働者の生命・健康と知る権利を無視した」と批判した。

 

韓国:ソウル地域下請企業、元請カプチル・労組破壊悪化

2018/09/22

ソウル地域下請企業労働者たちが文在寅(ムン・ジェイン)政府に 元請のカプチル(パワハラ)と労組破壊に対する問題解決を要求した。

 

韓国:文在寅政府最長期高空籠城...全州タクシーのキム・ジェジュ

2018/09/22

だが現在、全州地域の社納金は1日12万ウォンを越える。 一日12時間は運転しなければ払えない金額だ。 12時間以上働いて始めて自分の金を稼げる構造だ。 前近代的な制度である社納金問題を解決するために、 全額管理制が法に制定された現在。 全州市庁の前の照明塔の上には、タクシー労働者キム・ジェジュ氏(公共運輸労組タクシー支部全北支会)が 全額管理制による月給制施行を要求して1年近く高空籠城を続けている。

 

韓国:検察、ユソン企業本社・牙山を家宅捜索

2018/08/26

8月23日、検察が忠南牙山のユソン企業本社とソウル事務所を押収捜索した。 ユソン企業を相手にした家宅捜索は今回で3回目だ。

 

韓国:創造コンサルティング代表を法廷拘束…懲役1年2か月

2018/08/26

ソウル南部地方法院(刑事5単独イム・ジョンヒョ判事)は、 シム・ジョンドゥ、キム・ジュモクに対して労働組合法違反容疑で 懲役1年2か月、罰金2千万ウォンの実刑を宣告した。

 

韓国:甲乙オートテック労組、特殊公務執行妨害致傷に無罪

2018/08/26

 

韓国:政府の行政代執行法改悪、抵抗に直面か

2018/08/26

通りや再開発地域で行われる摘発と撤去に適用される法律の一つがまさに行政代執行法だ。 国家、地方自治体、個別の法令で代執行権限を委任・委託された公共団体、 またはその機関が行政上の義務を代わって履行し、その費用を徴収すること、 これを「代執行」という。 かなり以前からこの法は事前の戒告なしで「非常時」 あるいは「危険が切迫した時」に限られる緊急執行を、時をわきまえずに乱発するなど、 人権侵害の論議をかもしてきた。 ところで最近、行政安全部がこの法の改正案を国会に送っている。

 

韓国:労働尊重で隠された労働政策

2018/08/26

歴史的なキャンドルデモの成果として新しい政府が発足した。 スタート以前から提示された文在寅(ムン・ジェイン)政府の労働公約の基調は、 労働尊重社会だった。 しかしでわずか2年も経たないうちに、労働政策への猜疑心が大きくなっている。 最近の非正規、最低賃金、労働時間などを処理する政府と執権与党の態度は、 労働尊重社会の概念を疑わせる。

 

韓国:「あなたたち」が作りたい国はどんな国なのか

2018/08/26

法務部がある果川政府総合庁舎正門の前を通ると一部のキリスト教勢力が 文在寅(ムン・ジェイン)政権の性平等政策に反対する集会、 一人デモなどをしているのをしばしば見かける。 両性平等を性平等政策に対立させる彼らの主張の中心には、 LGBTの否定を象徴する「同性愛、同性婚反対」が位置している。

 

韓国:安熙正の無罪に「がまんできない粉砕しよう」

2018/08/23

司法府による安熙正(アン・ヒジョン)の無罪判決が国民的怒りを呼んだ。 市民2万人(集会側推測)が参加した 「女性に国家はない、がまんできない粉砕しよう」集会が8月18日午後5時、 ソウル駅舎博物館の前で開かれた。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について