本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:韓国産の緑茶からセシウム検出
Home 検索
 


韓国産の緑茶からセシウム検出

緑の党「放射能汚染基準値を強化しろ」、食薬処「微量なら問題ない」

チョン・ヨンギル記者 2014.03.20 10:23

韓国産の緑茶から放射能物質のセシウムが2013年に検出されていた事実が確認された。

食品医薬安全処が公開した2013年度の国内流通食品放射能検査結果によれば、韓国産の緑茶から放射能物質のセシウムが検出されていた。 食薬処大川庁の放射能検査の結果、韓国産の緑茶からセシウム7bq/kg(ベクレル)、3bq/kg(ベクレル)が検出された。 また、ソウル庁が2014年2月19日から3月3日まで行った検査の結果でも、韓国産の緑茶1件から3ベクレルのセシウムが検出された。 国内食品放射能汚染基準値はセシウム100ベクレル、ヨウ素300ベクレルだ。

[出処:緑の党]

そのため緑の党は3月19日午前、光化門の前で記者会見を行って放射能汚染対策と検出情報の透明な公開を要求した。 また緑の党は放射能安全給食制度と脱原発へのエネルギー転換も要求した。

緑の党は「これまで主に水産物から検出されていたセシウムが、清浄な嗜好食品と思われていた緑茶からも検出されたという事実は衝撃」とし 「放射能水産物に対する国民的な不安感が消える前に、農産物に不安が広がるのではないかという憂慮を拭えない」と明らかにした。

緑の党は検出の事実だけでなく食薬処の公開方式も問題だと指摘した。 緑の党は「公開された資料には、検出された放射性物質が『セシウム』としか表記されていないので、これがセシウム137なのか134なのか分からず、したがって該当放射性物質が福島の影響なのか、既存の核発電所事故によるものか、核実験の影響なのか分からない」とし 「政府は国民の不安にもかかわらず、まだ充分な情報を公開していない」と批判した。

また緑の党は「放射能は、微量でもガンを誘発する原因になり、その露出量が多いほど癌の発生率が増加するというのが医学界の定説」とし 「早い内に汚染経路を徹底的に追跡し、発表して対策を立てなければならない」と要求した。

こうした緑の党の指摘に対し、食薬処の関係者は 「国際食品規格委員会のセシウム汚染基準は1000ベクレルだ。 国内基準は100ベクレルで、はるかに厳格に管理している」とし 「微量の放射能は食品の安全とは関係がない」と話した。

付記
チョン・ヨンギル記者はニュースミンの記者です。この記事はニュースミンにも掲載されます。チャムセサンは筆者が直接書いた文に限り同時掲載を許容します。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2014-03-21 01:42:02 / Last modified on 2014-03-21 01:42:03 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について