本文の先頭へ
LNJ Logo エジプト警察労組「われわれは政治弾圧の道具ではない」
Home 検索
 


エジプト警察労組「われわれは政治弾圧の道具ではない」

一線の警官が10の地域でデモ...集会規制法案にも反対

チョン・ウニ記者 2013.02.13 23:49

エジプト一線の警官数百人が、彼らを政治的弾圧の道具に利用するなと要求してデモを行った。

2月12日〈アルアラビア〉等によれば、エジプト警察労働組合は最低10の地域の 警察署の外で集会を開き、警察を政治弾圧の道具に利用することに反対を表明 した。彼らはデモで「われわれは殉教者の死に罪はない」という横断幕を持ち、 政府が警察を贖罪物にしていると批判した。

[出処:http://english.alarabiya.net/画面キャプチャー]

エジプトの警察は、大衆的な反政府デモ隊に対する直接の殴打と銃器、放水、 催涙弾投入をはじめ、拉致、拘禁者への拷問などの問題で非難されてきた。

警察労働組合のある代表者は「われわれは政治的な失敗の責任を負わない」と 話した。彼はまた「毎日、警察と市民が倒れている。これは止めなければなら ない」と訴えた。彼はまた「われわれは武装した法律違反者ではないデモ隊や 革命家に武器を使いたくない」と付け加えた。

デモをした警官たちはまた、現在、シューラー評議会(エジプト上院)が議論し ている集会規制法案に対しても、デモを許可制と規定したり妨害できるという 理由で反対した。

警官は政府に反対するシュプレヒコールもあげた。

アレクサンドリアでは約500人の警官が「内務長官退陣」、「ムスリム同胞団の 内務部長官任命反対」というスローガンとともに「政府は暴力団で泥棒だ」と 叫んだ。アシュートでは、警察のデモ隊は内務長官の辞任を要求し、ミヌー フィーヤでは警察署の入口を封鎖した。

一方、エジプト内務部は13日、2011年革命の後、合計174人の警察が死亡したと 明らかにした。

エジプトでは革命2周年だった先月25日から3週間で50人以上が、路上デモ中に 死亡した。2年前の革命期間には、最低846人が死亡し、6000人が負傷した。

ムバラクが退陣して2周年になる2月11日にも、全国で大規模デモが起きて警察 と激しく対峙した。デモ隊はムルシ大統領とムスリム同胞団退陣を要求した。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2013-02-14 15:10:51 / Last modified on 2013-02-14 15:10:52 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について