本文の先頭へ
LNJ Logo 感染症をテーマにレイバーシネクラブ開催
Home 検索
 


*レイバーネットMLから

堀切@シネクラブです。 緊急事態宣言が解除となったものの、まだまだ先がみえないコロナ情勢。そんな中で六月 六日、郵政共同センターで、久しぶりにシネクラブを開催しました。 12人が参加し、男性は三名(Kさん、Mさん、Rさん)といういつもの顔ぶれ。あと は「久しぶりに映画が観れると思って楽しみだった」という初参加者を含む女性たち。 いつにも増して、華やいだ上映会となりました。 ・・とはいうものの、映画の後の第一声は「疲れた〜!!」「ビール飲みたい!」・・で した。 今回の上映作品『コンティジョン』(写真・2011年/アメリカ)の意味はズバリ「接触感染」。 2011年と言えば東日本大震災と福島第一原発事故で、感染症などまったく人々の関心では なかったのですが、公開当時に劇場で観たという人が三人いました。。「好きな監督の作 品だったから」(Оさん)、「マット・デイモンが出ていたから」(Kさん)というのが 観た理由で、木下昌明さんに至っては「その時は全然面白くなかった」とケンモホロロ。 そんな映画が2020年の今日、こんなにリアルに迫ってくるとは! WHOやCDC(疫病予防管理センター)やブロガーなど、いろいろな人たちが登場し、場面は 世界中をかけめぐる。テンポが速くてついていけなかったという意見もありましたが(私 も一回観ただけではわからないことが多く、三回観返しました)、よくぞ9年前にこれほ どリアルな映画が作られたものだと驚く声が多かったです。 劇中、どのようにして最初の感染者が出たのか、CDC職員が監視カメラを探索するシーン が出てきます。日本では「最初の感染者になることは恥ずべき事」になっていますが、「 感染者が謝らなければならない社会こそおかしい。謝るべきでなく助けるべき存在だ」と いう意見が出ました。そんな討論を通じて、もし同じタイトルの映画を日本で作ったら、 まったく違う作品になるのではと思いました。 日本は幸いなことに感染者も死者も少ないですが、コロナによってではなく政治によって 殺される人が増えています。アメリカの人種差別反対デモにみられるように、次のステー ジに来ているのは明らかです。「命と経済、どっちをとるか」といった図式を超えて、討 論では多岐にわたる意見が出ました。ワクチンさえ開発されればOKなのか。動物認知学 において「ソーシャルディスタンス」がどのような意味をもつのか等々、感染症が人間社 会にどのような影響を及ぼすのか。日本のコロナ報道からは見えてこない視点ばかりで、 とても刺激になりました。疲れる映画でしたが、みんなで観て話してよかった!  とはいうものの「次回はぜひ感動モノを」という声もあり、さっそく推薦作品が寄せられ ています。皆さんもぜひ!

Created by staff01. Last modified on 2020-06-10 09:56:30 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について