本文の先頭へ
LNJ Logo 自衛隊中東派兵には政府の戦略的狙いがある 10・30首相官邸前緊急行動
Home 検索
 


自衛隊中東派兵には政府の戦略的狙いがある

10・30首相官邸前緊急行動

動画(6分35秒)
10月30日、首相官邸前(東京都千代田区)で「自衛隊の中東派兵やめろ!緊急抗議行動」が開催された(主催・総がかり行動実行委員会)。緊急のよびかけにもかかわらず、250人が集まった。

今回の自衛隊中東派兵は、「調査」目的という理由から閣議決定だけで実行に踏み込もうとしている。しかし、「アメリカの有志連合に入らないからと言って、アメリカに協力しないわけではない」(共産党井上議員)。安保法制下の自衛隊派兵であることに注意をしなければならいないということが、強調された。

また「今回の問題は、自衛隊の戦略的狙いがあるのではと思います。それは、中東、アフリカへの自衛隊の影響力を拡大するという狙いです」(JVC・今井高樹さん)という指摘も重要だ。この動きは、自衛隊を明文化する憲法改悪と並行して進められているのである。
主催者の「総がかり行動実行委員会」は、「全国で様々な行動を起こしていきましょう」(主催者・岸本啓介さん)と行動を提起した。(湯本雅典)


Created by yumo. Last modified on 2019-10-31 01:49:15 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について