本文の先頭へ
LNJ Logo あまりにひどい不当逮捕の繰り返し〜7.26「関西生コン事件」院内集会
Home 検索
 


あまりにひどい不当逮捕の繰り返し〜7.26「関西生コン事件」院内集会

 昨年の7月18日の「恐喝未遂」のでっち上げで、組合員が不当逮捕されたことが端を発した「関西生コン事件」の報告院内集会が7月26日、16:00から参議院議員会館で開かれた。冒頭に全日建連帯書記長小谷野穀さんから、あまりにひどい不当逮捕の繰り返しなど、生々しい国家権力の組合弾圧が報告された。

 「関西生コンを支援する会」の共同代表である海渡雄一弁護士から、国連人権理事会恣意的拘禁WGへの申し立ての理由と根拠について説明があった。韓国の労働者も出席して、韓国にも類似の労働者弾圧事件はあり、「諦めず追及と闘いを進めてほしい」と連帯発言があった。「仲間を返せ」の署名は1140団体、2万3千筆が集計された。これらの輪を広げ労働者の権利を本物にしないといけない。(宮川敏一)


Created by staff01. Last modified on 2019-07-26 20:37:40 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について