本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜言うこと聞かせる番だ、俺たちが!
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1465610381561sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)

昨日(6月10日)夜、
「ティーンズソウル」の国会前集会(ファイナル)が行われ、
大変盛り上がりました。

集会ではいつものとおりコールが繰り返される中、
何人かのスピーチがありました。

(国会議員)では
 稾運陛沺山尾志桜里衆議院議員>
◆禧産党・小池晃参議院議員>
が発言し、ともに「ティーンズソウル」の活動を評価し、、
野党と市民が結束して参院選に勝利しようと呼びかけました。

,蓮◆屮謄ーンズソウル」が掲げたスローガン
<とりまユナイト>(とりあえずまあ団結?)を取り上げ、
次のように述べました。
 「野党間には政策の違いがある。しかし重要なのは安倍の憲法違反だ。
 今回の野党共闘はそれに対し<とりまユナイト>だ。
 32の1人区で統一候補となった。戦う土台ができた。
 そのうえで次の一歩を進める。安倍政権を倒そう!」
 
△蘯,里茲Δ暴劼戮泙靴拭 
 「<とりまユナイト>で、<かなりユナイト>できた。
 32の一人区で共闘ができた。ありがとう。
 高校生は「校則を守れ、規則を守れ、法律守れ」と言われる。
 しかし、憲法違反の法律を作ったのは安倍だ。
 だからアベを倒す。アベを打倒しよう。
 「政治的中立」で思ったことを言えない世の中にしてはいけない。
 「届け出制」は間違っている。
 みんなが求めたから「野党共闘」が出来た。
 これを「野合」などとは言えない。
 安倍政権は追い詰められている。
 歴史が変わる選挙にしよう。必ず勝とう!」

また、<堀尾輝久・東大名誉教授(1933年生まれ)>は
 「サポーターの一人として来た」、
 「今度の選挙が大事だ。今こそ立ち上がらなければならない。」
 「そのためにどうするか。」
として、彼自身の戦争体験を話し、
 (彼の父は戦争に駆り出され中国北部で病死、
 彼自身は<軍国少年>として育った)
 「なぜ若い人たちがそうなったか。それについてじっくり学習運動をやろう。
 すでに、現在学校では学ぶことが難しくなっている。
 その中で学習運動を広げることが大事だ。」
と述べました。

ぁ祿惻圓硫顱高山佳奈子・京大教授>は、次のように述べました。
 「<国際法学会>などでは、
 日本の現在の闘いを世界の仲間が応援している。
 高校生の闘いも西欧の人たちに紹介されている。
 それにより日本人に対する嫌悪感が和らいでいる。
 国連特別報告者のディビッド・ケイ氏の報告も日本語で読める。
 (「国連広報センター」で検索すれば。)
 真実を見ていこう。いずれ歴史の審判が下される。」

「ティーンズソウル」からは、二人が発言しました。
ァ禮盥酸牽膳>
 本日の行動がファイナルで、参院選まで残り30日だ。
 市民一人一人が動くことによって選挙は変わる。
 あきらめる?そんな考えはやめてほしい。
 民主主義はそんなに簡単ではない。
 民主主義は変化していく。国民の不断の努力により保たれる。
 私たち一人ひとりの力、動きが社会を変える。
 私たちは言う事を聞くのではなく、言う事を聞かせなければならない。
 立場を越えて動いて欲しい。私は「選挙に行こう」と訴える。
 あきらめるのは早い、委縮してはいけない。
 私たち市民の力は強い。
 あと30日、それぞれできることを考え動いて行こう。
 コールします。
 <言うこと聞かせる番だ、国民が!>
 <憲法法制白紙に戻せ!><集団的自衛権はいらない!>
 <アベはヤメロ!><野党は共闘!><
 <憲法守れ!><賛成議員は落選させよう!>
 <言うこと聞かせる番だ、俺たちが!>
 
Α稱‥栂教さん>
 くやしくてたまりません。なぜ内閣支持率が上がるのか。
 今、メディアはビビっている時ではない。
 政府の広告塔のままでいいのか。
 <中立性>、それは<中立>ではない。
 真実を報道して欲しい。気合を入れて報道して欲しい。
 アベに言いたい。「参院選の争点は憲法改正である。」
 「あなたは、憲法違反の法律を通しながら憲法を改正する。筋違いだ。
 日本は三権分立だ。それなのに<立法府の長>などと言う。
 国会は行政府を監視しなければならない。
 監視しないと腐敗・暴走する。
 アベさん、政治はあなたのものではない。自分たちのものだ。
 憲法はあなたの暴走を止めるためにある。
 これまでの選挙でも争点隠しをして、
 勝ったら違憲の安保法制を通した。
 今回も同じだ。しかし、市民はそのことを忘れない。
 堂々と<改憲>を争点とすべきだ。
 市民はちゃんと見ている。1人1人には力がある。
 <市民の、市民による、市民のための政治>を
 この参院選から作っていく。
 市民が投票に行かなければならない。
 そして、自民党の歴史的失敗を見せてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
昨年来、市民運動が盛り上がり、
その中で<ティーンズソウル>も生まれてきました。
彼らは確かにまだ少数かもしれません。
しかし、安倍独裁政権下でメディアも教育現場も息をひそめる中、
彼らがアベ首相に向かって、
<言うこと聞かせる番だ、俺たちが!>
と、対等な立場で堂々と述べていることは、
日本社会にとって<大きな希望>だと思います。

(高校生向けビラまき続報は次回に回します)
*****************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by sasaki. Last modified on 2016-06-11 10:59:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について