本文の先頭へ
LNJ Logo 市民連合応援団が安倍批判リレートーク〜共闘しか方法はない!
Home 検索
 


市民連合応援団が安倍批判リレートーク〜共闘しか方法はない!

    湯本雅典

動画(6分)

 4月17日、「市民連合応援団!『民主主義ってなんだ?』リレートークが、東京の早稲田大学大隈講堂で開催され、大雨の中900人が集まった(「立憲デモクラシーの会」ほか3団体の共催)。

 北海道で衆院補選が野党共闘で闘われ、野党共闘第1号の熊本で大地震が起きた中での開催。集会は、熊本地震犠牲者への黙とうから始まった。

 集会は、現在全国に広まった参院選野党共闘の運動を立ち上げた「市民連合」を応援する各界の人たちのリレートークであった。討論は、「安保法制」にとどまらず「災害対策」「TPP」「ヘイトスピーチ」など安倍政権の政策全般の批判におよび、「アベ政治は許さない」を再確認した集会であった。

〇災害対策
 「なぜ、川内原発を止めないのか」(落合恵子さん)

〇ヘイトスピーチ
 「熊本震災後、『朝鮮人が毒をもった』という考えられないデマがとんだ。ヘイトスピーチは、安倍政権が味方している」(中沢けいさん)

〇TPP
 「トップシークレットであるはずのないTPP交渉内容の完全な隠匿。ここに立憲主義の危機を感じる」(内田聖子さん/写真)

〇報道統制
 「放送法の問題は10年前、20年前だったらマスコミがもっと怒った。そのための記者クラブであるはず」(津田大介さん)

 そして、討論は闘いまっさかりの北海道衆院補選にむすびつく。

 「北海道の選挙には、国会前の僕たちのコールを見た同世代の人たちもかかわっている。(昨年の闘いは」無駄ではなかった」(奥田愛基さん/写真)

 「私たちが夏の参議院選挙でやりたいと思っていた、そのとおりの闘いを北海道ですすめている」(高田健さん)

 市民連合は(共催も含め)、夏の参議院選挙に向けて、5月3日、6月5日に大集会を計画している。


Created by staff01. Last modified on 2016-04-18 13:35:36 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について