本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報:「鮮度」でクビを切るシャノアールを許せない!〜本社前で宣伝行動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0706shasin
Status: published
View


「鮮度」でクビを切るシャノアールを許せない!〜本社前で宣伝行動

 「若くない女性はいらない、鮮度が落ちるから4年で辞めてもらう」。そんなことを公言して実行しているのが、カフェ・ベローチェを展開している螢轡礇離錙璽襪澄社長が女性の中村歩氏であることにも驚く。7月6日昼、そのシャノアール本社のある東京・池袋のサンシャインビル前で抗議の宣伝行動が行われた。ベローチェ千葉店に約9年働いていたが「4年条項」で28歳で雇い止めされた女性がいる。彼女はこんなやり方は許せないと首都圏青年ユニオンに加入し、「雇い止め撤回」の裁判を起こしてもう4年闘っている。この日は、その一審判決を7月末に前にしたアピール行動だった。女性は訴えた。「9年間会社のために一生懸命は働いてきた。鮮度と言われ、女性として人間としての価値を否定されたことはどうしても許せない」。ベローチェで働く非正規労働者は約5000人で社員は300人に過ぎない。膨大な非正規を使い捨てにして暴利をむさぼっているのが、螢轡礇離◆璽襪澄ユニオンの闘いは5000人の思いを代弁する闘いでもあった。(М)

動画(ベローチェ原告女性の訴え・6分12秒)

宣伝チラシ(pdf)

↓シャノアールのある池袋サンシャインビル前で抗議アピールが始まった。首都圏青年ユニオン山田書記長。

↓応援にかけつけた東京東部労組須田書記長が挨拶。「わたしたちも非正規差別とたたかっている。一緒にがんばろう」

↓監視するシャノアールの職制

↓雇い止めとたたかう原告女性が切々と思いを訴えた

↓首都圏青年ユニオン神部委員長。すぐ脇にもユニオンが問題にしている「ベローチェ」と「すき家」があった。

↓「シャノアールは鮮度発言を撤回せよ!」のシュプレヒコール

↓なぜか、おまわりさんもやってきた


Created by staff01. Last modified on 2015-07-07 02:59:39 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について