本文の先頭へ
LNJ Logo 「護憲派」元自衛官・泥憲和さん発刊〜『安倍首相から「日本」を取り戻せ!!』
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1121doro
Status: published
View


「護憲派」元自衛官・泥憲和さん発刊〜『安倍首相から「日本」を取り戻せ!!』

                                   岡林信一
期せずして解散総選挙と重なるタイミングで『安倍首相から「日本」を取り戻せ!!』が発刊された。安倍首相から取り戻す狷本瓩箸蓮∧刃揃法のもとで「戦争をしない国」だった日本である。安倍政権が7月1日に、集団的自衛権容認の閣議決定を断行したことで、日本は新たな戦前へと向かいつつある。

元自衛官の泥憲和さんは、閣議決定の前日の6月30日、神戸三宮の街頭でハンドマイクを握り、「集団的自衛権は他人のケンカを買いに行くこと」と喝破した。この街頭での訴えをフェイスブックに載せたら瞬く間にシェアが2万4千件以上も拡がるなど、これまで無名だった泥さんは一躍メディアでも注目されるようになった。社会学習ネットワーク「市民社会フォーラム」を通じてかねてからの友人でもあるので、本を出そうよとみんなで泥さんを口説いて初著作が出されるにいたった。

副題にあるように、「護憲派」の立場から「軍事政治戦略」が書かれている。批判の矛先はもちろん安倍首相の安全保障論や歴史観のデタラメさであるが、他方で、護憲派の中の「非武装中立論」に対しても異論を述べている。端的にいえば、「圧倒的多数の国民は、脆弱な非武装日本を望んでおらず、憲法9条を土台とした現実的な安全保障政策を望んでいる」ということである。

世論調査で明らかなように、国民の多数は9条改憲を望んでいない一方、さらに圧倒的多数が自衛隊の存在を認めている。他国との戦争に巻き込まれない、加担しないために「専守防衛」に徹するべきだが、近隣諸国と領土紛争もある中で日本の領土と国民を守るためには「丸腰」では心許ない。とくに、左翼や護憲派は軍事の問題について具体的にリアルな言論を十分に発しておらず、国民から空理空論と見放されていてはいないだろうか?

泥さんの「自衛隊合憲論」には異論は多々あるかもしれないが、集団的自衛権を認めさせない一点で護憲派の幅広い共同で安倍政権を打倒する非暴力のたたかいにとっての“武器”として本書をおすすめしたい。

かもがわ出版 四六判・272頁・2014年11月発行
定価(本体価格1,800円+税)

申込みHP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●泥憲和さん出版記念イベント

【神戸会場】日 時 11/21(金)18:30〜20:30
会 場 こうべまちづくり会館 2階ホール(JR・阪神「元町駅」西8分)ゲスト 羽柴修さん(弁護士、9条の心ネットワーク事務局長)

【京都会場】日 時 12/7(日)18:30〜20:30
  会 場 ひと・まち交流館京都 第5会議室(「京都駅」北東15分)
インターネットラジオ「凡どどラジオ」公開番組になります。
京都のアクティビストのゲストを予定

【大阪会場】日 時 12/14(日)14:30〜16:30
会 場 Loft Plus One West(地下鉄・近鉄「日本橋駅」北5分)
インターネットラジオ「凡どどラジオ」公開番組になります。
大阪のアクティビストのゲストを予定

【東京会場】日 時 12/22(月)18:30〜20:30
会 場 伊藤塾 高田馬場校(JR・地下鉄「高田馬場駅」早稲田口1分)
ゲスト(予定) 池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家)、伊藤真さん(法学館憲法研究所所長)、柳澤協二さん(自衛隊を活かす会代表)

詳細 http://civilesociety.jugem.jp/?eid=27727


Created by staff01. Last modified on 2014-11-21 21:05:27 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について