本文の先頭へ
LNJ Logo STOP!秘密法 みんなで書こう!パブリックコメント
Home 検索
 


「秘密保護法」廃止へ!実行委員会で秘密保護法廃止に向けて、二つの動画をつくりHP(http://himituho.com/)にアップしました。一つは、7月24日から8月24日までおこなわれる秘密保護法施行に向けておこなわれるパブコメについてのもので、動画「5分でわかるパブコメ入門」(約7分)です。もう一つは、7月の国連自由権規約委員会から出された日本の秘密保護法に対する勧告を紹介したもので、動画「国連からもレッドカード」(約7分)です。ぜひ、パブコメを成功させるために活用してください。(角田)

●動画「5分でわかるパブコメ入門」7分
海渡雄一弁護士と矢崎暁子弁護士の対談形式の番組
http://youtu.be/YUDesu8ceP4


●動画「国連からもレッドカード」7分
海渡雄一弁護士と小川隆太郎弁護士の対談形式の番組
http://youtu.be/CVT3SpZ8Z_Q


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
STOP!秘密法
みんなで書こう!パブコメワークショップ


日時:8月7日(木) 19時〜
場所:渋谷区勤労福祉会館 第二洋室
  (渋谷区神南 1-19-8、JR渋谷駅ハチ公口から徒歩8分)
   https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html
講師:海渡雄一さん(弁護士)ほか
参加費:無料

【参考】海渡雄一さんのパブコメ文例
国連からもレッドカード!
欠陥法はまず廃止、運用基準でごまかすな。
パブコメを集中し、市民の声で秘密法は廃止へ!
http://bit.ly/1xKH7it
意見募集要領PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072402&Mode=0

 安倍政権は、7月24日から8月24日までの1ヵ月をかけて、秘密の指定・
解除、適性評価などに関する運用基準、秘密指定できる機関を19行政機関
にするなどの政令および施行令の素案に対するパブリックコメント(市民
からの意見公募)を行っています。出された意見を集約し、情報保全諮問
会議で検討したうえで、運用基準と政令、施行令を10月中にも閣議決定し、
12月の施行に踏み出そうとしています。

 政府がパブコメを開始した7月24日、奇しくも国連の自由権規約委員会
が日本の秘密保護法を批判する勧告を出しました。そもそも秘密保護法は
市民の知る権利を侵害する、憲法21条、自由権規約19条違反の法律です。
この悪法の下では、市民が知るべき情報が特定秘密に指定されることは防
げません。秘密保護法を前提にして、政令や運用基準で様々な「監視機関」
を作ったり、内部通報制度を作っても、有効に機能するはずはありません。

 違憲な法律は、廃止するしかなく、私たちは、政令や運用基準の制定そ
のものに反対です。今回のパブコメに批判的意見を集中することで、運用
基準などに留まることなく、法律そのものの問題点をあぶり出し、施行を
中止させましょう。
 秘密保護法と素案の問題点をわかりやすく解説し、その場でパブコメを
書いてしまえるように、ワークショップを行います。ぜひご参加ください。

主催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
   http://www.himituho.com/
[連絡先]
新聞労連 03-5842-2201 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
平和フォーラム 03-5289-8222
5・3憲法集会実行委員会
(憲法会議 03-3261-9007/許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221-4668)
秘密法に反対する学者・研究者連絡会 article21ys@tbp.t-com.ne.jp
秘密法反対ネット
(盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219/日本国民救援会 03-5842-5842)




Created by staff01. Last modified on 2014-08-06 17:19:05 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について