本文の先頭へ
LNJ Logo 廃案へ意志を固める〜院内集会に130名
Home 検索
 


廃案へ意志を固める〜院内集会に130名

  12月3日午後4時30分から、参議院議員会館で緊急院内集会を 開催し、80名定員の会場に130名が参加した。  主催者を代表して海渡雄一弁護士が「最後の3日間、廃案をめざして 最後まで闘うが、もし強行採決で成立したとしても、法律への闘いを 取り組むし、今度は安倍政権を倒し、法律の廃止をめざす闘いを進め ていこう」と、固い決意を表明。  憲法学者からは、清水雅彦日体大准教授、飯島慈明名古屋学院大 准教授が、出版社からは岩崎書店岩崎弘明社長が、札幌から若手弁護士 2名が発言した。  発言の多くは、石破テロ発言に集中するとともに、これほどの暴挙、暴走 を繰り返す安倍政権のNO!を突き付けようという怒りと決意に満ち溢れ ていた。  海渡弁護士からは、国連人権高等弁務官のピレイ氏による批判、苦言 発言も紹介され、安倍政権が国連からも警告を受けたにも関わらず暴走 を続けていることは、第2次世界大戦前夜をほうふつとさせる、という厳しい 指摘もされた。(白石孝)

Created by staff01. Last modified on 2013-12-04 09:05:27 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について