本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 恐ろしい近未来が見えてきた!〜レイバーネットTVで改憲特集
Home 検索
 


恐ろしい近未来が見えてきた!〜レイバーネットTVで改憲特集

「安倍改憲は、労働者市民の抵抗力を奪って戦争のできる国にすること」。5月9日、レイバーネットTVで対談した山口正紀さん・二瓶久勝さん(写真)は、安倍政権の改憲の狙いを鋭く、かつわかりやすく語った。ポイントは3つで、(1)公務員労働者の団結権否定(労働運動の息の根を止める)(2)表現の自由の抑圧(公益及び公の秩序を害すると認定したものは規制される)(3)九条改悪・平和主義の否定、である。山口さんは「レイバーネットTVも公益に反すると認定されたら弾圧されてしまう。官邸前デモもできなくなる」と危機感を募らせる。二人が強調したのは、マスコミが安倍改憲暴走にチェックをかけるどころか尻馬に乗っていること。そして「党派を超えた幅広い改憲反対運動をつくっていこう」と呼びかけた。また番組には、改憲先取りの「君が代」強制に抵抗している二人の教員が出演し、思いを語った。放送終了後の二次会では「対談と教員の生の声を聞いて、恐ろしい日本の近未来が見えてきた。何とかしなくては」との声があった。(M)

放送アーカイブ101分(特集は9分から)

↓ワンポイント英語は「Constitution(憲法)」。

↓ニュースダイジェストは、各地のメーデーの報告など取り上げた

↓30分の対談に中身はぎっしり。最後は集会のアピール

↓ギャラリーもいっぱい

↓「君が代」処分で再任用を拒否された辻谷博子さん(大阪)。「おかしいことはおかしいと言っていきたい」。

↓「減給処分」にもくじけない田中聡史さん。

↓ジョニーと乱のほっとスポット

↓きょうの一句「改憲のあげくに亡ぶ気か日本」

↓「さよならのポエム」。難病をもつ印鑰理生くんの詩を詠んだ

↓無事終了。ホッとする瞬間。

↓二次会。辻谷さんからは「関西でもレイバーネットTVをやりたい」の声も。

 *写真撮影=小林未来


Created by staff01. Last modified on 2013-05-10 13:00:36 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について