本文の先頭へ
LNJ Logo NPO法人 労働相談センター : 「職場のいじめ」メール相談事例12月分紹介
Home 検索
 


みなさんへ

2012年12月にNPO法人労働相談センターと東部労組に寄せられた「職場のいじめ」相談メールをまとめて報告します。

********************************************************
「職場のいじめ・嫌がらせ・パワハラ」メール相談事例(2012年12月分)のまとめ
NPO法人労働相談センター
全国一般東京東部労組
2013年2月25日

1、 正社員、勤続10年。職場内に蔓延するいじめに嫌気がさして退職を決めた。いつも誰かを標的にしたり、上司が辞めさせたい標的にした人を部下に命じてパワハラを仕向けたり、・・・もう精神的に限界です。

2、アルバイト先の福祉施設の社長からセクハラを受けている。「飲みに行こう」「彼氏に内緒でデートしよう」「何か買ってあげるから遊びに行こう」「彼氏との夜の生活を教えろ」「ミニスカートをはいてきてほしい」などを言い、ついに体まで触ってくる。吐き気と下痢が止まらない。

3、女性。盆正月、祝日も働き続け、無遅刻無欠勤の10年間。先日、店長が物を投げつけてきたり、頭をなぐる暴力を振い「もう来るな」と怒鳴ってきたので、翌日から休んでいる。5日たったが全く音さたがない。

4、上と不倫関係にある先輩社員から執拗なイジメに遭い、会社のコンプライアンス担当窓口に訴えて調査が始まったが会社は加害者側の肩ばかり持ち、逆にこちらが嘘つきとされてしまった。退職を決めた。

5、軽い発達障害者。仕事は楽しいが、一人の上司だけが私の言動に反感を持ち、私を執拗にいじめて来る。同僚と少し雑談するだけで怒られる。

6、女性上司。毎日私にだけ切れる。とにかく何かにつけチクチク言ってくる。会社に行くのが怖い。助けて下さい。

7、小企業の名前ばかりの取締役。社長からひどい暴言でなじられる。みんなのいるオフィスでの罵詈雑言の毎日。

8、すいからーくグループ。店長が怒鳴ったり、高圧的な態度をとり、サービス残業は当たり前。「怒鳴られると怖いから、辞めさせて欲しい」とお願いしたら、「お前の心が腐っている」「お前が弱いからだ」「きれい事いうな」と逆ギレされた。退職した。

9、コンビニでパート。店長からシフトを減らされるといういじめにあっている。本来は平等に振り分けていたシフトを私のシフトだけ店長の勝手でどんどん減らされていきます。

10、スーパーのパートでレジ担当。周りの複数のパートからいじめに遭っている。レジ経験が豊富で「仕事ができる」と会社から褒められたことで、妬まれたらしい。泣き寝入りして退職するしかないのか。

11、将来は正社員にする約束で働くパート。出勤日数は月20日間に上るが、雇用保険にも入れてくれない。経営状況を理由にかってに長期休暇を取らされて出勤日数を大幅に減らされてしまう。

12、求人票には年収500万円と記載されていた。入社して実際もらった給料は月25万円。6ヵ月後には22万円にされた。求人票は何だったのか。

13、事務員。勤続10年。職場全体から、私を辞めさせようとする雰囲気を感じる。また入れておいた伝票が無くなってしまう。会話も全くない。

14、病院。上司のパワハラを労基署に相談したら、それ以後シフトが入らない。仕事が取り上げられた。

15、職場のお局の横暴、支配。鞄や財布の中をかってに覗いたり、服装や人の持ち物にケチをつける。お局の子分と職場の同僚の悪口、陰口を言い触らす。お昼休みは強制的に交代で電話番をさせられる。逆らうと酷いいじめが始まった。訴えてやりたい。

16、今までは何ともなかったのですが、ちょっとした仕事上のミスから、上司のいじめが始まって3週間続いている。「バカ」「帰れ」「処分するぞ」と怒鳴られている。ついには発注書にハンコを押してくれず仕事に支障が出ている。顔を見るだけで震えがくる。

17、長年一生懸命に真面目に働いてきた。最近、会社にいろいろ要望を出したら、窓際のひとりぼっちに追いやられた。誰も口をきいてくれない日々。上司からも一切声もかけてくれない。面談すらない。

18、病院。手術で一ヶ月ほど休職して職場に戻ったら、上司がそのことで責めてくる。もともと折り合いが悪かったが、以前にも増して対応が酷くなった。

19、正職員の看護師。介護休暇を取得したら、ひとりだけ昇給が無かった。

20、建築会社。経営者の酷い横暴。昼休憩時間もない。会社の車の車検代、ガソリン代を払わされる。白内障の手術で病欠を申請したら「仕事と目、どっちが大事なんだ。仕事だろ−」と言われた。暴力もふるう。もうむちゃくちゃです。

21、パン屋。月の休みが3回しかないとか、13連勤続や14連勤続が続く。残業代もなく、定時というものもない。店長に尋ねると「あなた頭おかしい」「無神経すぎる」と言われた。

22、飲食店。月150時間のサービス残業。休みも月に1・2回。毎日昼12時から深夜3時まで勤務。ひどい時は朝7時から次の日の朝5時まで、その2時間後に出社、翌日朝5時に帰宅という日もあった。「寝ないで仕事しろ」と言われる。

当該ブログ労働相談センター・スタッフ日記(写真も)
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/fec89d0a15a0d2b8a7b0fb2a7f50fb52

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   ★★全国一般東京東部労働組合からのお知らせ★★
労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!
労働問題を労働組合加入で解決しよう!
生活と権利を守るため全国一般東京東部労組に加入しよう!

☆首都圏ならひとりでもだれでも入れます
・組合費は月額賃金総額の1.5%(加入金3 ,000円)
全国一般東京東部労働組合
website:http://www.toburoso.org/
e-mail:info@toburoso.org
〒125-0062東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階
TEL03-3604-5983/FAX03-3690-1154


Created by staff01. Last modified on 2013-02-25 16:11:31 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について