本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : フクシマ放射能汚染の実態を写真報告〜第14回あおぞら放送
Home 検索
 


フクシマ放射能汚染の実態を写真報告〜第14回あおぞら放送

12月21日金曜日、この日も寒い。防寒具を着込みながらの経産省前テントひろば「第14回あおぞら放送」だったが、ますます元気な宇都宮けんじさん(写真)やオランダ・フランスの脱原発市民の出演もあり、「あったまる」放送となった。番組の最初は福島からの報告で、IAEA抗議アクションの取り組みや川内村・飯舘村・浪江町の放射能汚染の現状がレポートされた。写真を見せながら報告したふくちゃんは「汚染は深刻で5マイクロシーベルトのところもあった」「子牛が死んでいた」と被ばくした街の様子を生々しく語った。その写真の一枚には、浪江町「希望の牧場」のタンクに書かれた「決死救命団結!」の文字があり、強烈に迫ってきた。(M)

↓現地報告するふくちゃん

↓「希望の牧場」タンクに残る文字(ふくちゃん報告の写真)

↓子牛が死んでいた(ふくちゃん報告の写真)

↓野外スタジオに耳を傾ける人達

↓毎週金曜日に「Candle for Peace」をやっている在日オランダ人

↓フランスから「脱原発世界会議」出席のため来日中の「Independent WTO」のメンバー

放送アーカイブ(78分)


Created by staff01. Last modified on 2012-12-22 16:10:19 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について