本文の先頭へ
LNJ Logo 「自民大勝」の大ウソ
Home 検索
 


浅井健治@週刊MDS編集部です。

きのうの総選挙で自民党が圧勝した、とみなさん思っていませんか。マスメディアもそう報道しています。

そうではありません。自民党が比例区で得たのは1662万票余。大敗した前回09年総選挙の比例区得票(約1881万票)を200万票以上、下 回っています。負けた時の得票よりも少ない票しか得ていないのです。当日の有権者総数は約1億396万人ですから、全有権者のわずか16%、6人に1人の 支持しかないのに政権に返り咲いたことになります。圧勝したといわれる小選挙区も同じです。自民党は09年総選挙より165万票減らしています。

自民党が勝ったのではなく民主党が負けただけです。福島原発事故の「収束」を宣言し、大飯原発を再稼働させ、オスプレイを配備し、消費増税法を成立させ、非正規労働温存の法改悪を進めた政権党に、有権者の断固とした審判が下されたのです。

Created by staff01. Last modified on 2012-12-18 11:33:15 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について