本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 霞ヶ関を埋め尽くした「脱原発」の思い〜11.11百万人アクション
Home 検索
 


霞ヶ関を埋め尽くした「脱原発」の思い〜11.11百万人アクション

11月11日午後3時、東京・霞ヶ関一帯に「脱原発」のゼッケン・プラカード・旗を持った人々の群れが出現し、歩道が埋め尽くされた。「11.11反原発 1000000人大占拠」と銘打ったこの日のアクションでは、抗議エリアが9ヶ所つくられた。経産省前の桜田通り一帯では、福島県浪江町の「被曝牛レプリカ山車」を先頭に、人々がかんしょ踊りをしながら練り歩いた(写真)。午後5時からは、国会正門前で大集会。各党の国会議員・文化人などが次々にアピールした。主催者のミサオ・レッドウルフさんは、「雨の中でこれだけの人々が集まった。私たちの脱原発の気持ちが一切衰えてないことを示している。次の衆院選は脱原発の分かれ道になる。脱原発議員を勝たせるためにも、私たちが声を上げ続け、世論をつくっていくことがとても重要だ」と訴えた。(M)

動画(YouTube 4分)

↓経産省前テントひろば前は人波でぎっしり

↓文科省前

↓原水爆の被害者の写真

↓ドラム隊

↓国会正門前

↓コールするミサオ・レッドウルフさん


Created by staff01. Last modified on 2012-11-11 23:03:23 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について