本文の先頭へ
LNJ Logo ニューヨーク6.11脱原発アクションは巨大折り鶴デモ
Home 検索
 


「6.11脱原発100万人アクション」の一部として、ニューヨークでは2つのイベントが行われました。その内のひとつ、普通の集会・デモに参加しました。こちらのイベントを呼びかけて企画した人は、ほとんど一人で、初めてこのようなデモを企画したと言っていました。雨の中でしたが、約100人ほどが参加しました。もう一つのイベントは、エネルギーシフトなどを求める自転車ライダーのグループ・クリティカルマスの裸パフォーマンスで、完全に別働隊だったので見ることはできませんでしたが、昨年は300人ほどが参加したとのことです。

集会はロウアーイーストサイドのTompkins Sq Parkで行われ、そこからユニオンスクエアを抜けて北上してロックフェラーセンターのGEビルに向けてデモをしました。ニューヨーク市から最も近いインディアンポイント原子力発電所の即時廃止を求めてきたグループも参加しました。プラカードの内容には、「脱原発」「放射能に安全なレベルはない」「東電・IAEA・日本政府・ICRPみんな嘘つき」「東芝・ウェスティングハウス・日立・GEボイコット」「インディアンポイント今すぐ閉鎖」「核実験をやめろ」などがありました。

巨大な紙で折り鶴を20個くらいつくって(鶴の背中に放射能のマークつき)、それらをGEビル前にプレゼントとして置いてきました。デモの間も折り鶴が相等目立っていました。途中の豪雨でほとんどの鶴がぐだぐだになったりちぎれてしまったりして痛々しかったですが、結果的にその方がGEへのプレゼントとしてふさわしいものになりました。ちなみにGE(ゼネラルエレクトリック)社は福島第一原発をデザインした原発メーカーです。


Created by JNK. Last modified on 2011-06-12 19:20:52 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について