本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国哨戒艦「天安号」沈没事件に関する記者懇談会
Home 検索
 


韓国哨戒艦「天安号」沈没事件に関する
ソ・ジェジョン(ジョンスホプキンス大学準教授)
イ・スンホン(バージニア工科大学教授)の記者懇談会のご案内

■注意:メディア関係者のみ参加可能、必ず事前予約必要、名
刺持参(入場の祭、確認&提出)

日時: 2010年7月9日(金) 15:00〜16:00
場所: 日本外国特派員協会 記者室
(東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20
階/JR山手線、京浜東北線 「有楽町」日比谷口下車(ビック
カメラ側)、徒歩1分)

発言者:ソ・ジェジョン(ジョン・ホプキンス大学教授、国際
政治学)
    イ・スンホン(バージニア大学教授、固体物理学) 
内容:民・軍合同調査団が発表した天安艦の「魚雷の爆発によ
る沈没」の科学的証拠に対し、「科学的疑問を提起した実験結
果」についての説明と質疑応答

HP:http://www.fccj.or.jp/node/5810

主催:特例社団法人日本外国特派員協会(The Foreign
Correspondents
’Club of Japan)

筺03-3211-3161 /E-mail front@fccj.or.jp

(関連説明文)

ご承知のように、さる3月26日、朝鮮西海で韓国の哨戒艦「天
安」が沈没しました。韓国政府は事件に関する合同調査団「報
告書」を5月20日に発表し、その沈没原因を、北朝鮮(朝鮮民
主主義人民共和国。以下、北朝鮮)の魚雷攻撃によるものと断
定し、現在、国連安全保障理事会(以下、安保理)において、
対北朝鮮制裁・非難決議を採択すべく、非公式の説明・折衝を
繰り広げています。しかし、北朝鮮側は、これを否定・反論し
、真相究明のために、査察団の派遣を受け入れるよう、韓国政
府や安保理に対して求め、朝鮮半島の戦争危機は一気に高潮し
ています。ここで、日米は韓国の立場を支持し、中ロは慎重論
で、安保理での折衝は、膠着状態に陥っています。

韓国内では、一方的政府報告発表に疑問・反論を提起し、野党
、市民団体などが反発を強めており、韓国の代表的なNGOであ
る「参与連帯」は、6月11日に、韓国政府報告に疑問を提示す
るレポートを安保理各国宛に提出しました。これに対して、韓
国では極右団体が参与連帯を「国賊」呼ばわりして激しい攻撃
を仕掛けるとともに、韓国政府は、参与連帯に対して国家保安
法嫌疑をかざして、弾圧をする姿勢です。

このような中、特に、北朝鮮魚雷攻撃の“決定的証拠”とされ
た“爆発物質の付着”に関し、科学的な立証・検証の立場から
再調査を行った米国の研究者のソ・ジェジョン(ジョン・ホプ
キンス大学教授、国際政治)、イ・スンホン(バージニア大学
教授、固体物理学)二人が、「プレシアン」や「ハンギョレ21
」などのメディアを通じて、爆発物質の付着は確認出来ないと
いう実験結果を公表し、“決定的証拠”に対して“決定的疑問
”を呈することで、合同調査団の検証方法に問題があったこと
を認めざるを得ない(ハンギョレ新聞 6.18)事態となりまし
た。哨戒艦「天安」事件は朝鮮半島と東北アジアの安全と平和
に重大な危機をもたらす重大事件です。

 今回、調査団「報告書」に対して科学的な疑問を投げかけた
物理学者らの来日に合わせて、上記の日程にて記者懇談会を行
いますので、ご案内をさせて頂きます。
(以上)
−−−−以下、英文−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
July 6, 2010
To All Members:
PRESS CONFERENCE
Lee Seung-Hun, Professor of Physics, University of Virginia
Suh Jae-Jung, Associate Professor in International Politics,
Johns Hopkins University

イ・スンホン、バージニア大学教授(固体物理学)
ソ・ジェジョン、ジョンズホプキンス大学教授(国際政治学)

15:00-16:00 Friday, July 9, 2010
(The speech and Q & A will be in English)

 Inconsistencies in the Cheonan Report

On March 26, the 1,200-ton Republic of Korea Navy corvette Cheonan sank off Baengnyeong Island in the Yellow Sea, killing forty-six crew members. After almost two months of investigation, the ROK government released a report that traced the cause of the sinking to a North Korean (DPRK) torpedo. But two U.S.-based researchers say the report contains a number of inconsistencies that questions the validity of the government's conclusion and the integrity of its investigation.

Lee Seung-Hun, Professor of Physics, University of Virginia and Suh Jae-Jung, Associate Professor in International Politics, Johns Hopkins University say they have carried out their own careful examination of the ROK probe and concluded that it failed to substantiate its claims that there was an outside explosion or that it was caused by a DPRK torpedo. Professors Lee and Suh say the findings are self-contradictory, inconsistent and riddled with such serious flaws as to render the report's conclusion "unsustainable." Remarkably, they conclude that there is "a very high chance" that some of the data was been fabricated.

They want a new team to restart the investigation and the international community to insist on an objective and thorough investigation "while reiterating its commitment to peace and stability on the Korean peninsula." Come along and hear what they have to say on this very important issue.

Please reserve in advance, 3211-3161 or http://www.fccj.or.jp/node/5810 (still & TV cameras inclusive). Reservations and cancellations are not complete without confirmation.

Professional Activities Committee

 


Created by staff01. Last modified on 2010-07-08 15:25:22 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について