本文の先頭へ
LNJ Logo 木下昌明映画批評『ダーウィンの夢』
Home 検索
 


「巨大魚」で世界経済を描く
あのダーウィンも驚くだろう

「ナイルパーチ」はスズキに似ている淡水魚だ。日本ではスーパーなどでよく売られて いるが、実はアフリカ最大の湖、ビクトリア湖で獲れる体調2メートルにも達する巨大魚。

 オーストラリアのフーベルト・ザウパー監督がつくった記録映画『ダーウィンの悪夢 』は、この巨大魚を題材にしている。ビクトリア湖はヤダーウィンの箱庭ユといわれる 多種の魚の宝庫だったが、何者かが外来種で肉食のナイルパーチの稚魚をバケツ一杯、 放流したため、在来種の魚が食い荒らされることになった。

 ところが、皮肉なことに、ナイルパーチの繁殖が水産業を盛んにし、貧しい内陸から タンザニアのムワンザに人々が押しかけ、漁師になったり加工場で働いたり、売春婦に なったりする。魚は加工後、ただちに飛行機でヨーロッパや日本に運ばれていく。

 ザウパー監督は、この魚による「新しい経済システム」が地域に何をもたらしたかに 光をあてている。

 魚の巨大化によって生態系は破壊されたものの、それと同時に「商品価値のある魚」 の出現は一部の人々のもうけの対象となった。その一方で、多くの人々は貧しく、飢え ていく。彼らにとって魚の値段が高すぎて、その“残がい”しか口にすることができな い。映画では、魚のアラ処分場のシーンがすさまじい。

 映画には、飛行機の飛んでいるシーンがしばしば出る。それは、飛行機が富める国と 貧しい国の奇妙な橋渡し役になっているからだ。アフリカから生産物や天然資源などが 運び出され、ヨーロッパからは武器が運ばれてくる。一匹の魚を媒介にグローバリゼー ションの「寓話」が描かれる。

 タンザニアの大統領はこの映画を非難し、出演したジャーナリストを逮捕しているが 、各国の映画祭で数多くの賞を受賞している。12月23日より渋谷シネマライズほかで上 映される。 (木下昌明)

*『サンデー毎日』2006/12/24号所収


Created by staff01. Last modified on 2006-12-12 15:16:44 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について