本文の先頭へ
LNJ Logo IMFニュース7/26 TMPCWAに対する支援増大!各組合は連帯と資金提供を確約
Home 検索
 


TMPCWA(フィリピントヨタ労組)に対する支援増大

復職を求めて闘うフィリピントヨタ労働者に対し、各組合は連帯と資金提供を確約

                         IMF ニュース  2006年7月26日

オーストラリア:オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランド、その他の国々のIMF傘下の各組合は、解雇労働者の復職と組合認知を求めて闘うTMPCWAを支援する行動を起こした。

AMWU(オーストラリア製造業労働組合) 委員長 ジュリウス・ロー、IMF 書記長マルチェロ・マレンタッキー、AMWU全国書記長ダグ・キャメロンらが、シドニーで開かれたAMWU全国会議(2年毎に開催)においてフィリピントヨタの状況に関して説明を行った。100名を越す大会出席者は、TMPCWA書記長であるヴェルヒリオ・コランドグ(ベール)によるスピーチに喝采を送った。

ローは、「AMWUはトヨタとは良い交渉を持つことができている。しかし我々の組合員は、トヨタがどの国へ進出しようともILO基準を守る義務があると感じている」と述べ、また「オーストラリアの反労働者的法律は、企業に対し我々労働者が苦労して勝ち取った権利を攻撃する機会を与えている。(フィリピントヨタの)労働者は復職されるべきだし組合は認知されるべきである」と加えた。

ローがAMWUは2,000オーストラリアドル(US$1,500) をTMPCWAの活動を支援するためにカンパすると表明したことに続き、Amicus 、カナダ自動車労働組合、CWA、そしてニュージーランドEPMUがそれと同額の資金を提供することを誓った。また会場の出席者から750ドルが集められた。

出席者らはトヨタ労働者らを支援するために更なる連帯行動と資金集めへの支援を強化することを決定した。

「この闘争はフィリピントヨタの労働者だけでなく、企業による脅迫や政府の妨害、また基本的な労働者の権利の大侵害に直面している世界中の金属労働者たちにとっても非常に重要な闘争なのだ」とマレンタッキー書記長が述べた。

会議においてAMWUのフィリピン人メンバー数人は、メルボルンにある大規模なトヨタ工場を含め全てがヴェルヒリオを支持した。メルボルン工場には約150人のフィリピン系組合員がいる。ヴェルヒリオは今週末ニューサウスウェールズ州とヴィクトリア州のトヨタ労働者らと特別会合を持つ予定でいる。オーストラリアのトヨタ労働者は、会社に対し引き続きフィリピンの労働者らの権利を守るよう圧力をかけていく。

IMFとその傘下各支部は、トヨタから不当に解雇された労働者らの迅速な原職復帰を求める国際キャンペーンを開始した。キャンペーンの詳細は、「彼らを今すぐ職場復職させよ!」のIMFホームページで読むことができる。

[2006年7月26日] KP記者



Support for TMPCWA growing


Unions pledge solidarity and resources to Toyota Philippines workers fighting for reinstatement.

AUSTRALIA: IMF affiliates from Australia, UK, Canada, New Zealand and elsewhere took action at on behalf of members of the Toyota Motor Philippines Corporation Workers・Association (TMPCWA) who are fighting for reinstatement of sacked workers and union recognition.

AMWU president Julius Roe, IMF general secretary Marcello Malentacchi and AMWU national secretary Doug Cameron addressed the situation at Toyota Philippines at the biennial national conference of the Australian Manufacturing Workers・Union in Sydney. The 100 delegates to the conference cheered the address of Virgilio Colandog, member of the TMPCWA board of directors.

The AMWU has a good collective agreement with Toyota but our members are concerned that the company must respect ILO standards wherever they invest. The anti-worker laws in Australia provide opportunities for companies to also attack our hard won rights. The workers must be reinstated and the union recognised,・Roe said.

Roe announced that the AMWU would give AUS$2,000 (US$1,500) to help support TMPCWA efforts. Amicus, the Canadian Autoworkers Union, CWA and the New Zealand EPMU, pledged to match the AMWU, and an additional $750 was collected from conference delegates.

Delegates resolved to support solidarity actions and further fundraising in support of the Toyota workers.

This is an important struggle not only for Filipino workers at Toyota, but metalworkers around the world who repeatedly face company intimidation, government intervention, and gross violations of fundamental workers・rights,・said Marcello Malentacchi.

Several Filipino born AMWU delegates at the conference supported Virgilio, including one from the large Toyota plant in Melbourne. There are more than 150 AMWU members of Filipino background at the Melbourne plant. Virgilio will hold special meetings with Toyota workers in New South Wales and Victoria later this week. Toyota workers in Australia will continue to pressure Toyota to respect workers rights in the Philippines.

The IMF and its affiliates have launched an international campaign calling for the immediate reinstatement of the TMPCWA workers illegally fired by Toyota.

Read more about the campaign to Reinstate Them Now!

[July 26, 2006] KP


フィリピントヨタ労組を支援する会



Created by iseki-kaihatu and Staff. Last modified on 2006-07-28 00:05:50 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について