本文の先頭へ
LNJ Logo PTSDの日本兵の家族の想いと願い 関西証言集会(6/30 10:00〜 大阪市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1715163305639ma...
Status: published
View


2024/06/30 PTSDの日本兵の家族の想いと願い 関西証言集会(6/30 10:00〜 大阪市)

案内→http://www17.plala.or.jp/kyodo/annaiframe.html
チラシ→https://www.ne.jp/asahi/info/nowar/kyodo/20240630.pdf

PTSDの日本兵の家族の想いと願い 関西証言集会
日 時:2024年6月30日(日)10:00〜16:00(開場9:45)
会 場:PLP会館 5F大会議室
    〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-9-27
    大阪市営地下鉄堺筋線「扇町駅」4番出口より徒歩3分
    JR大阪環状線「天満駅」より南側へ徒歩5分
    地図→http://plp-kaikan.net/access/a_index.html#koutsu
内 容:
・10:00〜12:00 講演 相可文代さん(『ヒロポンと特攻 太平洋戦争の日本軍』著者、元大阪府中学校社会科教員)
 演題:「ヒロポンと特攻」−日本軍がやった戦争の実相と戦争がもたらすもの
・13:00〜13:45 基調報告 黒井秋夫さん(PTSDの日本兵家族会・寄り添う市民の会代表)
 1年間の動き、現状認識、めざすことと課題
・13:45〜14:45 PTSDの日本兵家族会の証言
 アジア太平洋戦争から帰還した日本兵830万人の2割から55割にあたる300万人前後がPTSDを発症したと推定され、ある人はアルコールにおぼれ、家族に暴力をふるい、無気力から仕事に就けない元兵士が続出しました。
 家族は家の恥として心に閉じ込め、精神の苦しみを抱え、それが子から孫世代に連鎖して今も続いています。
 そうした家族が体験をお話しします。
・15:00〜16:00 参加者交流会
*この時間は録画録音が禁止されます。
 プライバシーが守られ自由な発言を保障いたします。
 どなたでも参加歓迎します!
資料代:500円
主 催:PTSDの日本兵家族会・寄り添う市民の会
    http://www.ptsd-nihonhei.com
問合せ:〒208-0001 武蔵村山市中藤3-15-4
    黒井秋夫
    080-1121-3888
    qqkc6av9@ceres.ocn.ne.jp

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について