本文の先頭へ
LNJ Logo 民主労総の対話提議、発電社長団が公式に拒否
Home 検索
 


編集2002.03.28(木)21:36

民主労総の対話提議、発電社長団が公式に拒否

5つの発電会社社長団は 民主労総と発電労組の無条件の対話提議を公式に拒否した。

社長団は28日午前産資部で記者会見を開いて「発電労組が民営化方針を受け入 れれば対話提議に応じる」と明かした。社長団は特に「発電労組はストライキ で会社に途方もない損害をおよぼし、国民を不安にさせただけに当然国民に謝 罪すべきで、または民営化撤回を理由で団体行動をしないという約束をするべ きだ」と付け加えた。

パクスンビン記者sbpark@hani.co.kr

ハンギョレ新聞

http://www.hani.co.kr/section-005100008/2002/03/005100008200203282136067.html


Created byStaff. Created on 2002-03-29 00:37:23 / Last modified on 2005-09-05 08:14:15 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について