本文の先頭へ
LNJ Logo 政府・発電会社が明洞聖堂を訪問…対話摸索されるか?
Home 検索
 


政府・発電会社が明洞聖堂を訪問…対話摸索されるか?

労組、「態度が変わったというより、名目的な訪問と推測」 キム・ソヨン記者

発電労組のストライキが最近、労使政の強硬対応に駆け上がっている中、11日 の午後に政府、会社側の関係者が明洞のテント座込み場を訪問する等、別の流 れが見られ、注目される。

この日の午後遅く、産業資源部の関係者、南東発電の尹幸舜社長と中部発電の キボンイル社長が相次いで明洞聖堂を訪ね、労組のイホドン委員長との出逢い を持った。彼らはまた、産資部関係者、5つの発電所の社長団が今後また訪問 する意向を表わしたと知らされた。

中央労働委員会が去る8日、仲裁案を下ろして団交問題が法的に一段落した状 況で、解雇者の元職復職、発電所売却撤回など当初、政府、会社が「交渉対象 ではない」と主張する争点だけが残された状態で、労使政が会ったということ が注目されている。

労組の一関係者は「ストライキの長期化で発電所が少しずつ問題を起こしてい る」としながら「変化した修正案があってきたわけではなく、名目的な訪問の 側面が強いようだ」と話した。

労組の別の関係者は、「ストライキ隊伍が特に動揺もなく持続している状況で、 苦しいのはむしろ政府、会社ではないか」とし、「説得する雰囲気が強かった」 と伝えた。

民主労総は13〜14日、単位労組代表者決起大会で「3月総力闘争」などの発電 労組連帯闘争を一層加速する方針だ。また、韓国水力原子力労組が「発電労組 ストライキが長期化している状態で、政府、会社が対話ではなく強硬姿勢を固 守している」とし、18〜19日の「発電労組連帯ストライキ」のための組合員賛 否投票を予定する等、連帯の輪が広がる雰囲気だ。

政府、会社はまだ発電所売却撤回が「交渉対象ではない」という点を対外的に 明確にしている状況で、もう一つの争点に浮上した懲戒、司法処理など懸案問 題がどのように調律されるのか、帰趨が注目される。

一方、仁川の富平署に9人、江華署に10人など、警察がストライキ中の組合員 を業務妨害で連行していると伝えられ、事態の推移に関心が集まっている。

毎日労働ニュース02-03-1308:51 http://www.labornews.co.kr/labornews.files/dailylabornews.html?mode=view&id=22696&start=0


Created byStaff. Created on 2002-03-13 22:03:00 / Last modified on 2005-09-05 08:14:10 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について