本文の先頭へ
LNJ Logo 民主労総1千余の単位労組代表者が金大中大統領に差し上げる公開書簡
Home 検索
 


民主労総1千余の単位労組代表者が金大中大統領に差し上げる公開書簡

3月13日、 青瓦台前での単位労組代表者決起大会で採択

われわれは民主労総61万4千の組合員と1300万の労働者を代表して、金大中大統領 に次のような決断を要求します。

まず、発電所売却をめぐる国民の不安と国論分裂を拭うために、任期内の発電 所売却方針を中断して、開かれた討論で悔いのない決定ができるように決断し てください。

発電労組のストライキにより、発電所売却の事実を知ったというのが大多数の 国民の率直な境遇です。発電所が売られ、電気をアメリカ人と財閥から買って 使わなければならないと考えた国民はほとんどいません。与野の合意どころか、 国民の同意を得たという政府の言葉と違い、電力を直接生産する労働者の実質 的な同意も経なかったという事実を発電労組のストライキはよく見せています。 今、国民は発電所を売り払い、途方もない料金の引上げとカリフォルニア停電 事態のような電力大乱、さらに電力主権を奪われる危険について、一様に不安 感に包まれています。国民投票に任せることができなければ、政府、労働界、 市民社会団体、専門家たちが共同で客観的な共同世論調査、公聴会、TV討論な どの国民的討論も経るべきです。大統領は任期中に発電所を米国に売る計画を 中断して、不安に震える国民を安心させて賛否にわかれた国論分裂を収拾する ことに努力してくださることを要求します。

二つ目、発電所を狙う米国資本と鉄道を狙う日本資本の圧力をはね除け、国家 基幹産業をしっかり守り、統一祖国に譲れるように、救国の決断を下してくだ さい。

発電・鉄道・ガスなどの国家基幹産業を外国資本と財閥に売ることは、決して あってはなりません。途方もない黒字を出す人気企業の発電所を米国資本が、 シベリア鉄道の動脈となり、黄金の卵を産む鉄道を日本資本が狙っているとい う事実をわれわれはよく知っています。だが、外国資本の圧力に押されてて、 統一時代の韓国経済の乳腺であり動脈である基幹産業を売り渡せば、重ね重ね 歴史の審判を受けることになるでしょう。民主労総61万4千の組合員を代表す る1千余の単位労組代表者は、国民生活の安定と国家経済の将来はもちろん、 統一祖国の発展のためにも、基幹産業を米国、日本の資本と財閥に譲り渡せな いと確信します。大統領は、執権5年間のうち、最も恥辱の評価を受けること になる基幹産業私有化の方針を放棄する決断を早く下ろしてくださるよう要求 します。

三つ目、残った任期の間に、外国為替危機で大金持ちになった人々の代わりに、 血の涙を流す労働者と庶民のために政策大転換の決断を下してください。

労働現場の一線で働くわれわれは、去る4年間、外国為替危機克服のために 1300万の労働者がどれほど血の涙の苦痛に耐えてきたかをよく知っています。 ところがそれと正反対に、この土地の富裕層は去る4年間、さらに財産をふや し、その結果、貧富の格差が20年前に拡大したという事実もよく知っています。 さらにいえば、その原因が冷遇されている労働者を犠牲にし、優遇されている 持てる者を助けてやった政府の政策にあるという事実も明確に知っています。 残る1年、執権の初心に帰るという期待も、年初から吹き飛んでしまいました。 政府が準備する週5日勤務制の導入法案は、既に財界が要求する労働法改悪案 に変質して久しくなっています。国民の政府の労働政策が産んだ700万の非正 規職労働者たちの権益保護は、言葉だけで終わっています。国民の政府は一週 間に三人の割合で、700人を越える労働者を拘束し、金大中大統領が3回も拘束 した段炳浩委員長など数十名の拘束労働者は釈放される兆しさえありません。 ストライキに立ち上がった発電労組員に「大韓民国の国民ではない」という極 言をはばからない産資部長官を見て、国民の政府への最後の未練をきれいに捨 てています。残る任期だけでも、外国資本と金持ちのための政策から、貧しい 我が国の労働者庶民のための政策に行くことを心より要求します。

もし、大統領が私たちの真心を推し量り、決断を下せば、われわれは大きく歓 迎するでしょう。しかし、現在のように労働者を犠牲にして弾圧する政策を続 ければ、われわれはあらゆる力を集めて憤然と立ち上がるでしょう。大統領の 賢明な決断を期待します。

2002年3月13日

全国民主労働組合総連盟単位労組代表者一同

http://www.nodong.org/maybbs/view.php?db=kctuinfo&code=press&n=1820&page=89


Created byStaff. Created on 2002-03-13 17:15:43 / Last modified on 2005-09-05 08:14:10 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について