本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:3.8女性デー「学校性暴力の歴史を終わらせよう」
Home 検索
 


3・8女性デー、「学校性暴力の歴史を終わらせよう」

2年前の文在寅大統領のフェミニスト宣言批判「宣言だけで性平等は完成されない」

パク・タソル記者 2019.03.08 12:43

「1990年、K女子中学生でした。 先生は性暴力を受けたくなければ、 めくれないズボンを履けと話しました。」

「私は2000年にN中学校の学生でした。 中年の男性美術教師は体罰をするたびに男子学生は股の内側を、 女子学生の場合はわき内側の肉をつねりました。」

「私は2010年にH女子高学生でした。 先生1人が授業時間に女性のヌード写真を見ました。 ヌード写真がスクリーンいっぱいに見えたのに同僚の教師は何も言いませんでした。」

「2016年、済州J女子高で 『韓国の女性たちは清潔なので慰安婦に連れていった』という話を聞きました。 性差別告発情報提供キャンペーンは20時間後に撤去され、 校長は私を呼んで『偽の告発による被害者が生まれないようにしなければならない』といいました。 その校長は今、済州道議会の教育委員です。」

学校内で行われた性暴力は1990年代も2010年代も別に違わなかった。 3・8女性デーをむかえ、スクールMeToo告発を始めた彼らは、 学内性暴力の歴史を終わらせようと叫んだ。 彼らは昨年提起された学内性暴力告発は、少数の学校の個別の事例ではなく、 歴史的に繰り返される根が深い構造の問題だと指摘した。

労働党、青少年フェミニズムの会などは3月8日午前、 ソウル市光化門広場の世宗文化会館の階段で3・8国際女性デー記念記者会見を行い 「女性青少年の人生を変える実効的な対応策を作り、 韓国社会の強姦文化を根絶する時がまさに今」とし 「学校に戻ったスクールMeToo告発者に連帯のメッセージを送る」と明らかにした。

彼らは政府が沈黙した十か月間、 スクールMeToo告発者たちはバックラッシュなどで苦しみ、 12月に出された政府の対策は中途半端でしかなったと批判した。

青少年フェミニズムの会のユギョン活動家は 「政府は両性平等教育の強化と学校性暴力の標本調査施行などを対策として出したが、 両性平等教育では社会に根を張った性差別を解決できない。 フェミニズムの視角を持つ教育に再編しなければならない」とし 「教育部では学校がとても多いので全数調査は難しいという。 だが隠れたスクールMeTooの被害者の声を入れるためには、 当然全国単位の全国調査をしなければならない」と強調した。

青少年フェミニズムの会のヤン・ジヘ運営委員は、 学校構成員が感じる不安感が性暴力標本調査をする理由になってはいけないともいう。 ヤン運営委員は 「教師が不愉快だなので全数調査はできないとも言うが、その不愉快が核心」だとし 「差別と暴力に鈍感だった彼らが今では不愉快を感じて変わらなければならない」と話した。

記者会見の参加者は 性平等関連の言葉だけが先んじる政府の態度も批判した。

彼らは記者会見文で 「2年前の今日、大統領候補だった文在寅(ムン・ジェイン)大統領は 『性平等が民主主義の完成です』と宣言したが、 文大統領はフェミニスト宣言以外に性暴力を防ぐ実効的な対策を用意できなかった」とし 「韓国社会の性平等が宣言だけで完成するという信頼は、 政府の内部にジェンダー感受性そのものが存在するのか疑わしい」と叱責した。

また彼らは政府と検察に対して △教育部の学内性暴力全数調査施行、 △教育部の(予備)教員に対するフェミニズム教育義務化、 △私立学校法改正による私立学校教員の懲戒水位強化、 △スクールMeToo告発に対する検察の積極的な捜査を要求した。

この日の午後、 労働党などは麻浦区庁大講堂でスクールMeToo学内性暴力中断を要求する 記者会見を行う予定だ。

一方、3・8女性デーをむかえてソウル都心では多様なイベントが開催される。 民主労総は午後2時にソウル市中区のファイナンスセンターの前で 『3・8国際女性デー精神継承全国労働者大会』を行う。 韓国女性民友会は午後3時に光化門広場で 『性別賃金格差解消のための第3回3時STOP早期退勤デモ』を開く。 午後5時には韓国女性団体連合が光化門広場で 『3・8国際女性デー記念第35回韓国女性大会』を開催する。

最近のフェミニズム問題を扱うイベントもある。 午後2時に光化門広場ではプロジェクトチーム脱恋愛宣言が主催する 『正常恋愛』葬儀パフォーマンスが開かれる。 プロジェクトチーム脱恋愛宣言は、 異性愛、正常恋愛中心の恋愛を批判する一方、 デート暴力や離別殺人を糾弾する。 午後8時には新沙駅2番出口で花火フェミアクションが主催する 『クラブ内強姦文化根絶フェミニストデモ』が行われる。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-03-10 18:27:13 / Last modified on 2019-03-10 18:28:45 Copyright: Default

関連記事キーワード



このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について