本文の先頭へ
LNJ Logo 非正規共同対策委員会、「非正規権利保障のための制度改善」を要求
Home 検索
 


2001年02月16日08時

非正規共同対策委員会、「非正規権利保障のための制度改善」を要求

*民主労総、「賃団交闘争時非正規職関連妥協案提示」
韓国労総、「非正規制度改善、労使政委で合意されるように努力する」*

「非正規労働者基本権保障と差別撤廃のための共同対策委員会」(以下共同対 策委員会)は2月の臨時国会に合せて政府と政治圏に「非正規労働者権利保障の ための法制度改善」を要求した。

共同対策委員会は15日、参与連帯のヌティナムで記者会見を開き、「非正規労 働者の叫びと市民社会団体等の努力にもかかわらず、非正規労働者等の権利は 全く改善されない」とし、「政府と政治圏が義務を放棄し続けるならば強い闘 争を展開する」と話した。

共同対策委員会は、政府と政治圏が非正規労働者関連法案処理から顔を背けて いることは「経済論理」と言って経済が悪化すれば最も苦しむのが非正規労働 者なのに、国家がしないことは職務遺棄だと主張した。

この日、民主労総の段炳浩委員長は、非正規職問題を解いていくために、△非 正規職労組が正規職労組に自由に加入できるように規約改正先導、△民主労総 で非正規職関連常設執行機構を設置する等、非正規職組織化のための専担部署 の新設を奨励、△非正規職事業のための予算編成を誘導、△賃団交闘争時の非 正規職関連妥協案提示などを傘下連盟、地域本部、単位労組に指針として伝え ると明らかにした。

韓国労総の権ウォンピョ副委員長は、韓国労総の組織特別委員会で非正規職支 援及び組織化をしていると語り、非正規問題解決を制度化するために労使政委 員会で合意できるように努力すると語った。

出処:毎日労働ニュース[キム・ソヨン記者]

http://www.labornews.co.kr/sokbo/view.php3?mode=view&id=9101


Created byStaff. Created on 2001-02-17 03:31:20 / Last modified on 2005-09-05 05:15:55 Copyright: Default

このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について