本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:清掃労働者と学生、「最低賃金法改悪するな」
Home 検索
 


清掃労働者と学生、「最低賃金法改悪するな」

イ・ジョンホ記者 redflag66@jinbo.net / 2008年12月18日10時04分

大学美化用役労働者と大学生が最低賃金法改悪を糾弾して声を揃えた。

公共労組ソウル京仁公共サービス支部(ソ京支部)と誠信女子大延世大などの大 学生は12月18日午前11時、汝矣島の国会前で高齢労働者の最低賃金を削減する 最低賃金法改悪案を糾弾する共同記者会見を行う。

この日の会見は高麗大、誠信女子大、延世大、徳星女子大の美化用役労働者た ちと、該当大学が共同で準備した。ソ京支部は「法案が通過すれば60歳以上の 高齢労働者たちは直ちに生計を脅かされる境遇に追いやられることになる」と 明らかにした。

大学などの公共機関の施設管理労働者が集まったソ京支部は、12月11日に記者 会見を行い、最低賃金法案を糾弾して生活賃金保障を要求した。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳)に従います。


Created byStaff. Created on 2008-12-27 17:29:06 / Last modified on 2008-12-27 17:29:06 Copyright: Default

関連記事キーワード



このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について