本文の先頭へ
LNJ Logo 2018年コラム・論説
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder 2018
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:国民健康保険カスタマーセンタースト、警察が封鎖中

2021/06/16

警察が全面ストライキに立ち上がった国民健康保険公団カスタマーセンター労働者たちの 公団への出入と食事などを統制し、事実上、争議活動を妨害している。 警察は国民健康保険公団側の施設保護要請に協力するばかりで、 労働者の正当な争議活動は車壁で防ぐなど、暴力的な対応をしていると批判されている。 6月11日午前、国家人権委員会が動き食事と水、必要な物品などを搬入できるようになったが、 2日間、食事搬入問題で労組と連帯者は警察と対峙して衝突するなど精魂を使い果たした。

 

韓国:進歩政党「クーパン労組の発足を歓迎…進歩政党も連帯する」

2021/06/16

6月7日、クーパン物流センター労働者の労働組合が発足したが、 進歩政党は彼らと積極的に連帯するという意向を明らかにした。 クーパン内の物流労働者の労働環境改善と雇用安定という目標のために 共に闘争していくということだ。

 

韓国:クーパン物流センター労組発足

2021/06/16

クーパン物流センターの労働者が労働組合を結成した。 彼らはクーパン富川新鮮センターで起きた新型コロナ集団感染と、 過労や有害物質による死亡と労災事故、 セクハラやいじめなどの人権侵害が深刻に起きるクーパンを変えるために、 労働組合を結成したと明らかにした。 彼らは労組発足記者会見で、劣悪な労働条件を変えるために常時持続業務の正規職化、 基本給値上げなども要求した。

 

韓国:国民健康保険カスタマーセンター労働者、10日スト突入

2021/06/16

国民健康保険公団カスタマーセンターの労働者たちが6月10日に全面ストライキに突入する。 2月にカスタマーセンター直営化、勤労基準法遵守などの要求を掲げて 24日間のストライキをしてから約三月後に再ストライキに立ち上がった。 前のストライキの後、カスタマーセンターの労働者たちの労働権が俎上に置かれたが、 国民健康保険公団はカスタマーセンターの直営化に留保的な立場を取っている。

 

韓国:繰り返される重大災害…民主労総、政府に緊急労政交渉を要求

2021/06/16

重大災害による労働者の死亡が連日続き、 民主労総は政府に緊急労政交渉を要求した。 重大災害解決のための緊急非常措置を要求するためだ。

 

韓国:ひとつの住所に数十の事業場、でも1人事業場?

2021/06/16

オ・ギョンファン(54・仮名)氏は技師班長による退社の強要に苦しみ、 これを会社に申告した二日後に解雇された。 すぐに労働庁に職場内いじめの陳情をした彼は、信じられない事実を知った。 自分が所属する事業場が面接を受けた会社ではなかった。 その上、自分が所属していた業者の名前は採用公告のどこにも記されていなかった。 驚く暇もなく、陳情は却下された。 5人以上の事業場ではないという理由だった。 疑問は続いた。 では自分も、一緒に業務指示を受けていた五人の労働者は、 いったいどこの所属だったのか。

 

韓国:仁川空港カート労働者「常時持続業務なのに正規職になれない」

2021/06/16

仁川空港カート運営、送還控室の労働者が政府に公共部門の正規職転換政策をきちんと実施しろと要求した。 仁川空港非正規職正規職転換政策から排除された彼らは 下請企業を転々としながら不安な雇用形態を続けている。

 

韓国:サンケン電気偽装廃業に反対して闘う韓国サンケン労働者の話

2021/06/10

47年経った2021年5月14日の夜、 慶尚南道昌原市両徳洞の馬山自由貿易地区(旧馬山輸出自由地域)第3工区。 工団は物寂しい。 小さな2車線道路を挟んで年式が感じられる1階建ての建物と 最新のアパート型工場がある。 ぽつぽつと飲食店や医療施設も見える。

 

韓国:金属労組、交渉窓口一本化の廃棄を要求して国会座り込み

2021/06/10

金属労組が交渉窓口一本化制度を廃棄させるための座り込みに突入した。 国会の座り込みと、共に民主党、憲法裁判所、雇用労働部など関連機関に行って 交渉窓口一本化の違憲性と問題を問う計画だ。 金属労組は2020年には民主労総と共に交渉窓口一本化制度が 憲法が保障する労働三権を侵害するとし、 憲法訴願と違憲法律審判提請申請を提起した。

 

韓国:「気候運動で直接政治を作ろう」

2021/06/10

5月30日、気候活動家がP4Gソウル緑色未来首脳会議開幕式が開かれた 東大門デザインプラザの前で、はしごの間に首を突っ込んだ。 韓国政府が主催したP4G会議の「緑色成長」接近は虚構だと批判する デモの途中に発生した出来事だった。 彼を含む気候活動家たちは、緑色成長が企業に免罪符を与えるだけで、 気候正義とは両立しないと声を高めた。

 

韓国:「最低賃金算入範囲拡大を考慮して最低6〜7%の引上げが必要」

2021/06/10

食費や福利厚生費が賃金に含まれるなどで最低賃金への算入範囲が拡大し、 実質的な引き上げの効果が下がった点を考慮すれば、 2022年最低賃金が少なくとも6〜7%以上上げなければならないという主張が出てきた。 この2年間の最低賃金引き上げ率も歴代最低の水準を記録しており、 これを相殺すべきだという主張も続いた。

 

韓国:「財閥体制改革」民主労総、差別撤廃大行進を宣言

2021/06/10

財閥が数千、数百億ウォンを配当金として取っている中で、 労働者は所得が減って解雇される社会。 民主労総が非正規職、移住、女性、障害者などに対する差別撤廃のために、 財閥体制を倒す闘争に立ち上がった。

 

韓国:基幹産業労働者には国家責任雇用が必要だ

2021/06/10

釜山影島の蓬莱山の裾に造船所がある。 1960年代末までは韓国で最大の造船所だった所だ。 「大韓民国造船1番」、最初のドックがあった所にたてられた石材造形物の文句は ここが韓国造船業の母胎であることを示す。

 

韓国:ユソン企業労働者10年の闘争、「おかげで勝ちました」

2021/05/24

10年前の5月18日、ユソン企業は牙山工場を職場閉鎖した。 ユソン企業が投入した用役は、 正門の前でヘルメット、盾、棒などで完全武装して労働者を阻止した。 2011年5月18日、ユソン企業の労組破壊はこうして始まった。 そして10年経った5月18日、 ユソン企業の労働者はこの苦しい闘争に連帯した人々に 笑いながら感謝の言葉を伝えられるようになった。

 

韓国:41年目を迎えた5・18の朝、韶成里はもうひとつの光州になった

2021/05/24

41周年をむかえた5・18の朝、 慶北星州郡韶成里の住民は 「戒厳令のような状況」に歯ぎしりした。 政府はTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)基地に装備を搬入するために警察1500人を動員し、 住民約30人を取り巻いて孤立させた。 政府は韓米将兵のための生活必需品の搬入だと説明したが、 住民は真実を糊塗していると話す。 韓米首脳会談を控えて「基地安定化、陸路輸送路」確保のために警察を随時投入すると明らかにした。

 

韓国:最賃言い訳はやめろ…自営業の被害は大企業と政府のため

2021/05/23

最低賃金が上がったために自営業者がつぶれて 失業も増えたという主張には根拠がないことが明らかになった。

 

韓国:公共・運輸・社会サービス労働者、政府に労政交渉を要求

2021/05/23

公共・運輸・社会サービス労働者たちが 不平等と各自渡世の社会を解決しようとし、 金富謙(キム・ブギョム)新任国務総理との労政交渉を要求した。

 

韓国:光州5・18抗争 おにぎりを作った露天商のおばあさん

2021/05/23

5月になると露天商団体の会員をめぐり聞こえてくる伝説的な話がある。 光州民主化運動とヤンドン市場近くの露天商のおばあさんたちの話だ。 1980年5月18日、光州一円で全斗煥(チョン・ドゥファン)軍事政府の執権の陰謀を糾弾し、 民主主義の実現を要求して市民の抵抗が始まる。 クァク・ミスン氏は当時20歳で、おにぎりを作って運んだ人の中で一番若かったという。

 

韓国:平沢港労災死…「重大災害を防ぐ法が切実」

2021/05/23

平沢港で働き、労災で死亡した故イ・ソノ氏の事件に対し、 責任者処罰と再発防止の要求が高まっている。 このうち関連対応団体と民主労総は、 根本的な対策と予防の必要性を痛感するとし、 きちんとした重大災害処罰法の改正と施行令の制定を要求した。

 

韓国:サンケン電気偽装廃業撤回元職復帰闘争の話(1)

2021/05/18

4月14日午前。 ソウル市江西区麻谷洞のコナ・ビルの前に到着したワゴン車から 「食い逃げ日本サンケン電気不法廃業撤回」と書かれたオレンジ色のチョッキを着た労働者たちがおりる。 慶南の馬山自由貿易地域(旧馬山輸出自由地域)の韓国サンケンで、 短くても10年、長ければ32年も働いてきた労働者たち(金属労組慶南支部韓国サンケン支会所属)だ。 1月20日、親会社である日本のサンケン電気の一方的な廃業(法人解散)で雇用を失った16人の韓国サンケン労働者は、 日本のサンケン電気の偽装廃業撤回と韓国サンケン工場の正常化、解雇者復職を要求して276日間闘争している。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について