本文の先頭へ
LNJ Logo 2018年コラム・論説
Home 検索
 


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:「競争入試日程ための登校強行…防疫の責任を学校に転嫁するな」

2020/06/02

急速に広がるコロナの感染にもかかわらず、 政府が登校始業を強行したため教育労働者が反発している。 教育部は高3の登校始業を5月20日に予定通りに進めると発表し、 学校の状況に合わせて学生を分散させれば生活防疫が十分に可能だと主張している。 だが、教育労働者たちは修学能力と競争入試日程のための一方的な始業で、 防疫の責任も学校だけに転嫁しているとし、教育部の対策を批判している。

 

韓国:正義党、アシアナKO整理解雇テント座り込み強制撤去を糾弾

2020/06/01

正義党が鍾路区庁のアシアナKOの 整理解雇反対テント座込場強制撤去を糾弾した。

 

韓国:「コロナの中で女性労働者は解雇、ケア責任の0順位」

2020/06/01

コロナ災害状況は、誰が危険で不安定な環境で働いているのかを示す。 女性労働者の脆弱性が克明にあらわれているが、彼女らの声はきちんとあらわれない。 労働者のための政府支援もまた証明書中心の対策で、 女性労働者に最後までつけずにいる。

 

韓国:アシアナケイオー座込場4日目に撤去...「50余人が急襲」

2020/06/01

アシアナ航空機清掃労働者が整理解雇撤回を要求して設置したテント座込場が 4日目に撤去された。

 

韓国:民衆党、「進歩党」に党名改正へ

2020/06/01

民衆党が「進歩党」への党名改正を試みる。 民衆党は5月16日午後、大田キリスト教連合奉仕会で中央委員会を開き、 「進歩党」への党名改正のための臨時代議員大会開催を議論した。

 

韓国:アシアナケイオー整理解雇闘争文化祭、用役と衝突

2020/06/01

アシアナ航空機清掃労働者解雇関連の闘争文化祭を準備する過程で 参加者と用役間での衝突が発生した。

 

韓国:MB国家情報院の労組破壊労組「検察の捜査および原状回復を」

2020/06/01

李明博(イ・ミョンバク)政権の当時、 労組破壊工作の対象だった労組が 検察の厳正な捜査と責任者処罰を要求した。

 

韓国:民衆党「MB国家暴力の犠牲、全教組は合法だ」

2020/06/01

民衆党は全教組法外労組化が李明博政権と国家情報院の徹底した事前工作で行われたとし、 文在寅(ムン・ジェイン)政府に全教組法外労組通知を取り消すことを要求した。

 

韓国:果川撤去民、サムスンに対抗した16年の抵抗

2020/06/01

5月8日、ソウル市瑞草区のサムスン本館前、 全国撤去民連合所属の撤去民が5月6日のサムスン 李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の記者会見に抗議する集会を開催した。 李副会長は経営権継承などに関して対国民謝罪文を発表した。 この席で、表面的には 「無労組経営という言葉が出ないように労使関係法令を徹底的に遵守して 労働三権をしっかり保障する」と明らかにした。 まも共に民主党の李仁栄(イ・イニョン)は 「巨大な転換点に期待」すると応え、 サムスン遵法監視委も「意味深く評価」すると明らかにした。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(10)]労組糾弾集会を開いた保守団体に「企業マッチング2億」

2020/05/28

李明博(イ・ミョンバク)政権当時、国家情報院は労組弾圧のために 大企業の「金脈」で保守団体を育成した。 そして企業が保守団体に資金を支援する国家情報院の 「マッチング事業」は、青瓦台から始まった。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(9)] 『身分偽装した事実李龍得攻勢資料に活用』 『派遣専従者賃金支援を中断して、強硬派圧迫』指示

2020/05/28

李明博政権当時、国家情報院は2011年に行われた韓国労総委員長選挙にも介入した。 政府が押し通した複数労組、タイムオフ制に反対する委員長候補を落とすためだった。 国家情報院は落選させるための攻勢資料を提供し、 政府に友好的な候補を当選させるために候補間での「一本化」を要請した。 韓国労総に支援する資金を人質として強硬派を圧迫した。 韓国労総を抱き込みながらも脅迫し、 第3労総の『国民労総』を設立して牽制するという企画だった。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(8)]青瓦台が指示、国家情報院・労働部が実行

2020/05/28

李明博政権の当時、青瓦台と国家情報院、雇用労働部が「国民労総」の設立を主導したことがあらわれた。 民主労総を孤立、分裂させ、韓国労総を牽制するための一種の「労組破壊」の目的だった。 彼らは国民労総を設立する計画をたててこれを実行し、 国家情報院を通じて1億5700万ウォン以上の予算を支援した。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(7)]当時労組委員長「国家情報院金を受け取った」是認

2020/05/28

李明博政権当時、旧ソウル地下鉄労働組合の民主労総脱退に 青瓦台の支援と国家情報院の『支援金』があったことが確認された。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(6)]「KT民主労総脱退実践方案」文書が表れる

2020/05/28

李明博政権当時、国家情報院がKT労組委員長出身の雇用労働部官僚を立てて KT労組の民主労総脱退を誘導したことが明らかになった。 当時、国家情報院は該当雇用労働部職員に 民主労総脱退工作と国民労総建設など労組破壊費用として1億5700万ウォンを渡した。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(5)]国情院、創造コンサルティング通じてユソンのスト情報受信

2020/05/28

李明博政権の当時、 国家情報院は2011年のユソン企業労組破壊事件にも関与した。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(4)]ヴァレオ電装、相信ブレーキなど含む

2020/05/28

李明博(イ・ミョンバク)政権の時に 国家情報院が民主労総所属の21の労働組合脱退に介入したことが明らかになった。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(3)]民主労総加入糾弾集会、労組幹部重懲戒促す

2020/05/28

李明博政権当時の国家情報院が公務員労組の発足を妨害し、 労組幹部解任などに関与していたことが明らかになった。 当時、元世勲(ウォン・セフン)元国家情報院長は 民主労総、全教組、公務員労組を「3大従北勢力」と規定して 「左派清算による国家アイデンティティ確立」のための 国家情報院の積極的な対応活動を要求した。

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(2)]保守団体に全教組資料を渡して弁護士選任まで支援

2020/05/28

元世勲(ウォン・セフン)元国家情報院長の全教組清算意志は格別だった。 元世勲院長は民主労総、全国公務員労働組合、全国教職員労働組合を真っ先に清算すべき 「3大従北勢力」に選んだ。 そのうちでも「全教組が最大の問題」とし、 全教組を無力化するための支援を惜しまなかった。 今回公開された元院長の捜査記録には、 全教組を弾圧するために保守団体に散布された国家情報院の資金と、 今まで疑惑だけだった国家情報院の全教組法外労組化計画が

 

韓国:[MB国情院労組破壊捜査記録分析(1)]労組組織率上昇抑制計画も

2020/05/28

李明博(イ・ミョンバク)政権の時期に、 国家情報院と青瓦台が数百件の文書を共有し、 民主労総瓦解作業に動いたことと明らかになった。 彼らは事業場ごとの民主労総脱退作業をはじめ、 民主労総を孤立させる世論作業、第3労総設立など、 労組破壊のための広範囲な計画をたてた。 雇用労働部も第3労総の設立を支援して、二大労総の牽制と無力化を試みた。

 

韓国:果川撤去民、サムスンに対抗した16年の抵抗

2020/05/28

5月8日、ソウル市瑞草区のサムスン本館前、 全国撤去民連合所属の撤去民が5月6日のサムスン 李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の記者会見に抗議する集会を開催した。 李副会長は経営権継承などに関して対国民謝罪文を発表した。 この席で、表面的には 「無労組経営という言葉が出ないように労使関係法令を徹底的に遵守して 労働三権をしっかり保障する」と明らかにした。 まも共に民主党の李仁栄(イ・イニョン)は 「巨大な転換点に期待」すると応え、 サムスン遵法監視委も「意味深く評価」すると明らかにした。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について