本文の先頭へ
LNJ Logo 沖縄を再び戦場にさせない!/「11・23県民平和大集会」が大成功
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1123hokoku
Status: published
View


沖縄を再び戦場にさせない!〜「11・23県民平和大集会」が大成功

 「沖縄を再び戦場にさせない県民の会」が呼びかけた「11・23県民平和大集会」が、11月23日午後2時から那覇市の奥武山公園陸上競技場で開かれました。玉城デニー知事も駆け付けた他、12時からは音楽コンサートやエイサーもあり、若い人の参加も促しました。1万人規模の参加を目標に準備を進めてきた実行委員会の努力も実り、当初の目標を上回る人数を実現させました。この「県民大集会」は、沖縄だけに限定せず、東京、大阪をはじめ、全国各地で同時開催をし「沖縄を再び戦場にさせない」アピールを声高く上げました。国際情勢は、ロシアによるウクライナ侵略戦争が続く中、イスラエルによるパレスチナへの無差別の虐殺行為、ジェネサイドが最悪な状況で進行しています。会場の奥武山公園陸上競技場は、12時のオープニングコンサートから参加者が押し寄せ、第2部開会時には1万人に膨れ上がりました。(報告=宮川敏一)

【オープニング・音楽コンサート】12:00
沖縄の歌手4人とエイサーの演奏が披露された。
ゝ景鬱子(ジャズ)
知念良吉(ブルース)
YUIKA(島唄ポップス)
し江優稀乃(唄三線)
ボ童青年会(エイサー)

【開会】14:00
司会者の挨拶が始まると、大きな歓声がおきました。

◆司会者
 これから県民平和大集会を開会します。最初に玉城デニー沖縄県知事から元気の出る挨拶を受けたいと思います。

◆玉城デニー沖縄県知事挨拶

 皆さんこんにちは!青空の下で久しぶりの大集会の開催です。このように皆んなが主催者の1人ひとりとなって平和大集会が開催されたこと心から喜びます。若い人たちが思い思い作っているスイミーバイ! 私のスイミーを加えてください。若い人の思いが表れている集会です。しかし、政府は沖縄の不条理に向き合おうとしないのか? その不条理が存在する限り、私たち沖縄県民は怯む事なく平和のための声を上げて行こうでありませんか!冷静になって考えれば、平和でなければ観光客はきません。経済なんて回りません。シェルターバカにい逃げていては勉強もできません。仕事もできません。その姿を見ていますパレスチナ、ガザ地区です。私たちうれいと危機感を感じます。沖縄を再び戦場にさせない。平和が一番です。皆さんとともに平和を守りましょう。

〈沖縄県選出国会議員団うりずんの会〉
■高良鉄美参院議員
うりずんの会は5人の沖縄選出の野党系国会議員で構成しています。先日、中国の行政官と話す機会がありました。沖縄復帰の年は日中国交回復の年でした。やはり記憶にしていました。日中友好条約にしても両国で戦争をしない約束しています。何度も確認して話しました。日中は沖縄も深い関係があります。沖縄は東西南北の隣国と友好関係を持つ役割があります。そのことが沖縄の平和を築くことに繋がります。皆さんともに頑張りましょう。

〈行動提起〉
■山城博治事務局長
 県内だけでなく、全国から足を運んでくれた仲間の皆さんありがとうございます。この集会は昨年末に政府が発表した安保三文書です。沖縄が戦場になってしまう危機を感じました。多くの人々の声で集会を開いて政府に声を届ける。その思いで1年準備してきました。万人の人を集めて集会を開く。沖縄の思いを怒りを届けよう。今日このように目標に達した集会が開くことができました。

―顕颪鯀阿法⊇顕饅猗に関わる若者がSNSでバッシングされることがありました。胸が痛い。若者たちを支え応援してください。若者たちの社会はくるのです。
現地の島々から声が届きました。沖縄本島と言われるこの島も100万の声があるのです。島々に自衛隊がわんさか入って来ています。平和の気持ち、島が孤立している。反対の声を上げるのが難しくなっている。私たちの会はこれから、与那国、石垣、宮古などに出向いて、孤立をさせない。孤立はしていない。県民はどこに行っても同じなんだと、平和を守る心は一つなんだと訴えて行きます。
今日、全国から駆けつけてくれています。マスコミは報道をしない。しかし、全国各地で沖縄を孤立させないと集会が開かれています。沖縄を戦場にさせないの声が上がっています。その皆さんが大結集しています。この集会後にパレット市民劇場に場所を移し、全国交流集会を持ちます。この場で発言できなかった皆さんに機会を与えます。皆さんこれからです。声を上げて平和を守りましょう。

〈集会宣言〉
■岡本由希子事務局長代行から読み上げられ確認されました。
■参加者は当初の目標であった1万人を達成しました。

第二部
《全国交流集会》
 県民平和大集会を終え、23日18:45からは、那覇市内の「パレット市民劇場」に場所を移し、全国交流集会を開いた。205人が会場を埋めた。司会は山城博治さんと儀保貴子さんで進められた。「各地を点々歩き回り、多くの仲間と接し沖縄の現状を話してきました。その成果が県民平和大集会に表れたと思います。限られた時間ですが、平和を思う仲間の発言から交流集会を進めて行きます」。

■具志堅隆松(共同代表)
 沖縄で戦争するなら、米軍も自衛隊も出って行ってくれ!と言いたい。当然です。台湾有事は南西諸島の有事ではありません。日本本土にも広がります。本日の集会で確認ができたと思います。「沖縄を再び戦場にさせない」頑張りましょう。

■発言するのは13団体。
■友誼団体1
■海外から3カ国
米国、韓国、台湾。
閉会 21:00


Created by staff01. Last modified on 2024-02-10 22:19:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について