本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信(8/11) : 「旧統一教会」問題隠蔽と「国葬」反対行動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1660208648931st...
Status: published
View


渡部通信(8/11) : 明けない夜はない(156)
<「旧統一教会」問題隠蔽と「国葬」反対行動>

============================= 安倍元首相への銃撃事件(7月8日)以来、 霊感商法や多額の献金で問題になっていた「旧統一教会」と 自民党との密接な結びつきが次々と暴かれてきた。 そして、安倍元首相の「国葬」への反対世論は日々高まってきた。 このままでは、内閣が持たず「国葬」も危うくなるとして、 岸田首相は、急遽8月10日に内閣改造と自民党役員人事を行った。 彼は8月8日には、 「新たに指名する閣僚だけでなく、現閣僚も含めて、 当該団体との関係をしっかりそれぞれ点検してもらい、 その結果を明らかにしてもらう。 そのうえで適正な形に見直すことを指示したい」 などと述べていた。 しかし出てきた結果は、 6人もの閣僚が「旧統一教会」と接点をもつ議員だった。 その中には山際議員(留任)もいたが、彼は、 「野党の人から来る話しは我々政府は何一つ聞かない」 と述べた人物である。 またこの間、岸田首相と地元広島の「旧統一教会」幹部 とのツーショットの写真が出てきた。 それなのに自民党は、党の責任で「旧統一教会」と 所属議員との関係を調査しようとしない。 しかも同日(8月10日)、「旧統一教会」・日本教会長が 記者会見を行い、「特定政党との関係はない」、 「霊感商法は過去も現在も行ったことがない」、 などと述べている。 要するに岸田首相は、 自分が述べた事にも反する「内閣改造」をやり、 旧統一教会と口裏を合わせるようにして、 人々をごまかそうとしていているのである。 「内閣改造」しても中味は何も変わらず、 むしろ開き直っているともいえるだろう。 こうした動きに対し、 8月31日には以下のような取り組みが提起されている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー *安倍元首相「国葬」反対!8・31国会正門前大行動* 日時:8月31日(水)18:00〜 場所:国会議事堂正門前 主催:安倍元首相の『国葬』に反対する実行委員会 呼びかけ・戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー また、「都教委包囲首都圏ネットワークでは」 次のような行動を計画している。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー *「国葬」反対、学校現場への半旗掲揚・弔意強要反対の都教委要請行動* <日時・場所>8月25日(木) 15:30 都庁第一庁舎前集合(シュプレヒコールなど) 16:00 都教区委員会(第二庁舎)への要請行動 17;30 新宿駅周辺(場所未定)で街宣行動 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さらに、杉並では、  孱江鯤僂┐襪福杉並市民アクション」が * 3回目の「国葬」問題シール投票*。 <日時>8月13日(土)17:00〜18:00 <場所>JR高円寺駅前 *有田芳生さんを呼び**学習講演会*(添付参照)。 <日時>9月2日(金)19:00〜 <場所>浜田山会館ホールとZOOM (会場参加は感染防止のため先着150名まで。 超過の場合はZOOM参加でお願いします) <講師>有田芳生さん(ジャーナリスト・前参議院議員) <演題>統一教会と政治 そして憲法改正 カルト政治の現在地 <資料代>500円 <主催>立憲民主党杉並区議会議員・ひわき岳 <賛同>戦争をさせない杉並1000人委員会 <お問い合わせ> 090-7261−5260(ひわき岳) 皆さん、全国各地から声を上げて行きましょう。 ****************************************************************** 「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス http://houinet.blogspot.jp/ 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ http://hinokimitcb.web.fc2.com/ 「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by staff01. Last modified on 2022-08-11 18:04:09 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について