本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信(4/17) : 教育者としての信念を曲げずに勝利
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1618701455522st...
Status: published
View


●渡部通信(4/17) : 明けない夜はない(41)<教育者としての信念を曲げずに勝利>



本日(4月17日)東京・八王子に於て、 『09年「君が代」判決最高裁確定勝利集会』 (主催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会) が開かれ、主催者の予想を超える50人余りが参加しました。 同時に、ライブ配信の視聴数も350を超えました。 (アーカイブ)⇒ https://youtu.be/4kYrdfqv_VI 冒頭、根津さんの闘いがまとめられたビデオ(21分)が 流されました。20年を超える長く厳しい闘いでした。 次いで、岩井弁護士から「この裁判で何を訴えたかったのか」 という報告がありました。 そこでは特に、 |韻覆觚朕佑痢峪彖曄ξ豹瓦亮由」ではなく 「君が代」強制が「教育の自由への侵害」であること、 △修里燭瓩剖軌藜圓箸靴討凌由覆鬚けての闘争であったこと、 根津さんと河原井さんの不起立は「人格的触れ合い」による  教育実践であったこと、 が強調されました。 根津さんの弁護を20年以上やってきた萱野弁護士は、 「最後まで、子どもたちの前で信念を曲げず、 教育者として立つことはできないとして、 貫きとおしたことのすばらしさ」を讃えました。 また、「2人の闘いを次の世代に引き継ぐために 本を出すことを考えている。できれば中・高・大学生など 若い世代に読んでもらいたい」と述べました。 次に、彼女らの裁判に「鑑定意見書」 <教育公務員の懲戒処分に関する  裁量権の逸脱・濫用の遺法について> を書いてくれた岡田正則早大教授 (学術会議被任命拒否者)は、判決の意味について、 「教育者としての信念を子どもに伝えることが 一番大事だった。将来世代からの呼びかけに答えられてきた」 と述べました また、任命拒否問題について、 「拒否された6人が内閣府に、4月26日午前中、 自己情報(拒否判断根拠資料)開示をする」 と述べました。 その後、和久田弁護士は、 「この勝利を出発点として、若い人たちに引き継ぎ、 新しい世の中を作って行かなければならない」 と述べました。 根津さんは<私の教育活動と『日の丸・君が代』、そして裁判> という文書(B5版10ページ+資料2ページ)を配布しましたが、 その最後には次のように書いてありました。 「私の裁判は終了しましたが、『君が代』不起立の戒告処分は適法であり、 子どもたちが『国旗に正対し国歌を起立し斉唱』させられている限り、 闘い続けねばと思う。闘いを通して、『日の丸・君が代』・天皇制を 排斥し、この国に民主主義を定着させていきたい。」

また、河原井さんも<『終わり』ではなく、新しい一歩へ! 『やっぱりあきらめない」>という文書(A4版表)を配布しました。 そこには、次のようなことが書いてありました。 (1)「大同団結」をふりかえる〜そしてこれからも〜    ・・組織、各裁判の主義主張を越えて共闘できるところは    共闘していくことが今不可欠です。・・・ (2)全国雑木林行脚は終りのない旅・・・    ・・2003年から「STOP東京の教育」の想いを    大きなリュックに背負い、北は北海道から    南は沖縄まで歩き続け、いまも未踏の地へ    「雑木林行脚」を続けています。・・    ・・青年たちとスタートした「味噌づくりと憲法学習会は、    朝鮮学校無償化裁判と繋がり、現在は朝鮮学校美術部(中・高)    と合同学習になっています。・・ (3)おわりに〜さらなる共闘を〜   ・・五次訴訟が「戒告処分の取り消し判決」を目指し動き出します。   さあ!!新しい一歩へ。・・ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 根津・河原井さんの裁判闘争勝利は、 困難な中に置かれている私たちにとって、 希望の光を灯してくれました。 最大の教訓は、 教育者としての信念を曲げずに勝利したことだと思います。 弁護士たちは、この闘いを 若い世代に受け継いでもらうための本を 作ることになりました。 そして、根津さん、河原井さんは、 闘いを継続することを述べており、 新たな一歩を踏み出そうとしています。 全国の皆さん、「継続こそ力」です。 私たちもともに闘い続けましょう。 以下に、この夏の取り組みを紹介します。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜= 『全国から集う!全国で闘う!   第11回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』 〜コロナ下で進行する学問と教育の国家支配はゴメンだ!〜 <講演>岡田正則さん(早大大学院法務研究科教授> <発言>東京・大阪を含め全国から <日時>2021年7月18日(日)10:30〜17:00 <場所>日比谷図書文化館コンベンションホール         (旧日比谷図書館地階)  ◎集会後銀座デモ  ◎文科省交渉 7月19日(月) <主催:集会名の実行委員会> <連絡先>090-7015−3344(永井) ============================== 【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎) ============================== 東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし) ============================== (このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。 ご迷惑な方は止めますのでご連絡下さい。) ******************************************************************************* 「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス   http://houinet.blogspot.jp/ 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ   http://hinokimitcb.web.fc2.com/ 「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト   http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by staff01. Last modified on 2021-04-18 08:17:36 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について