本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国サンケン労組が座り込みに突入!〜一方的「会社解散」を許さない
Home 検索
 


韓国サンケン労組が座り込みに突入!〜一方的「会社解散」を許さない

 埼玉県新座市にあるサンケン電気株式会社は、7月9日付ホームページで「当社は、本日 開催した取締役会におきまして、当社子会社の韓国サンケン株式会社を解散することを決 定いたしました」と発表。韓国サンケン労組にもまた韓国サンケンの社長にも一切知らせ ず、一方的に発表しました。

 2016年10月〜2017年5月、韓国サンケン労組は「生産部門の労働者全員解雇」というサ ンケン本社の決定に対して、団体交渉と解雇撤回を求めて日本での遠征闘争を行いました。 そして日本の多くの皆さんにご支援をいただき、解雇を撤回させて工場に復帰しました。

 3年間、正常稼働とはいえないまでも仕事は続けていました。

 今回の「解散決定」は、コロナ禍で当該が日本に来れないことを見越しての決定であり、許せません!

 韓国サンケン労組は、7月13日に記者会見を行い、会社前にテントを張って座り込みに 入っています。声明文の要求項目を紹介します。(尾澤邦子)

<韓国の労働法と労働者を愚弄するサンケン電気を糾弾する>

私たちには闘争しかありません。3年前の整理解雇撤回闘争を終える際、重大な雇用問題 は組合と合意するとした約束をサンケン電気は一方的に破棄しました。 これまで耐えて待ち望んだ結果が、韓国の労働者および労働法を徹底して無視し、30年に わたって韓国サンケンの労使が結びつづけてきた労働協約を無視した一方的な解散および 清算の通告だったことに、組合と組合員は怒りを禁じえません。 ゆえに韓国サンケン経営陣およびサンケン電気取締役会に対し以下を要求します。

一. 韓国サンケン経営陣およびサンケン電気取締役会は、欺瞞的かつ不法な解散・清算 決定を撤回せよ!

一. 韓国サンケン経営陣およびサンケン電気取締役会は、労働協約を遵守し、合意書を 履行せよ!

一. サンケン電気は韓国で他企業を(持分率100%)買収し黒字を出しながら、子会社を撤 収する破廉恥な行動をただちに中断せよ!

一. 買収に投じた資本と発注量をただちに韓国サンケンに再配分せよ!

2020年7月13日
全国金属労働組合慶南支部韓国サンケン支会


Created by staff01. Last modified on 2020-07-21 12:52:14 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について