本文の先頭へ
LNJ Logo LGBT落研:創作落語を初披露
Home 検索
 


LGBT落研:創作落語を初披露 ――艶目家龍刃坊『伽羅の香』――

https://imadegawa.exblog.jp/31071984/ ■井原西鶴『男色大鑑』もとに 2月25日に開かれたLGBT落語研究会の発表会で、 同会メンバーの艶目家(いろめや)龍刃坊さんが 創作落語・『伽羅の香』を披露した。 『伽羅(きゃら)の香(かおり)』は龍刃坊さんが、 LGBT落語研究会のメンバーや協力者らと 練習会で討議しながら作り上げた作品だ。 江戸時代の浮世草子作家・井原西鶴の 『男色大鑑(なんしょくおおかがみ)』のある章が ネタ元になっている。 龍刃坊さんの巧みな話術と相まって、 「丸で昔から本当に在った古典落語みたい」と 見る者に思わせるほど完成度は高い。 龍刃坊さんは、 「人生初の創作落語のネタおろしで、 皆さんに満足していただけるか心配だった。 好評を頂けて本当に嬉しい」と語る。 同日の発表会では、 南山大学落語研究会の花見家かさねさんも、 持ちネタの「子ほめ」を披露した。 LGBT落語研究会は去年の1月26日に 名古屋の有志らにより結成された〔注1〕。 「性的少数者にまつわる落語の鑑賞や研鑽を行なうことで 落語文化の興隆や 性的少数者についての理解増進を図る」ことを目指す。 名古屋市中区栄四丁目に在る LGBTミックスバー・Queer+s(クィアーズ)で練習会を、 ライブシアター金色鮫で発表会を行っている。 酒井徹 〔注1〕「名古屋で『LGBT落語研究会』発足へ」 http://www.labornetjp.org/news/2019/1548201136796staff01

Created by staff01. Last modified on 2020-02-26 12:24:02 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について