本文の先頭へ
LNJ Logo 米国レポート : 抗議デモはますます大きくなっている
Home 検索
 




サンフランシスコ・和美です。 私はスティーブ (Steve Zeltzer・夫)と一緒に色々な国に行きましたが、その先々でよく聞か れるのは「アメリカはいつ動き出すのか」という言葉でした。色々な国の人たちはアメリ カが変われば自分たちもやりやすい思っているのがよくわかりました。その都度、スティ ーブは「そのうちにその時がくる。そして、一度動き出したらアメリカは大きく変わる」 と皆に言っていました。 私は現実主義者ですから、「もう何十年も待っているが」と彼を茶化します。 アメリカは今までに何度かそんなチャンスがあったと思います。しかし、その都度、燻り 始めても消えてしまいました。Bush (息子)が大統領の時、かなり反戦運動が盛り上がっ たのですが、オバマになった途端、同じような政策をしていてもレフトは動かなくなりま した。 でも、今回は少し違います。 まず、トランプが選ばれて露骨な「me first」 の政策を次から次へと打ち出しました。 次にコロナウイルスが入ってきました。無能無策で「そのうちに消えて無くなるから安心 しろ」と言って、民主党やメディアを叩くことばかりして、3ヶ月がすぎ、今では感染者 200万、死者11万2千。そして、そのあとに来た経済危機です。失業保険申請者4千3百万 以上、ホームレスのテントがあちこちと歩道を埋めています。そして最後の決まり手が警 察の人種差別による殺害です。ここでアメリカのウミが堰を切ったように吹き出しました。 全国の抗議デモは毎日、やまるどころかますます大きくなっています。 これまで、あまり抗議デモに全く関心を示さなかったような小さな街までもかなり大きな デモが起きています。近所の人がニュースレターで、携帯のCitizen appからアラートが きて、見てみたら近くで抗議デモのマーチが近づいている、と出たので窓から見てみると 、家族連れなど400人ほどがプラカードを持って行進していました。それを見て彼も早速 外に出て、一緒に参加したとか。我が家から数ブロック離れたところです。 昨日だかお知らせしたワシントンDC のBLACK LIVES MATTERと 路面に書かれた隣に、今度 は許可なしにDEFUND THE POLICE と書かれました。ところで、今日、ミネアポリスの市会 議員達の大多数は警察を無くしてCommunity Police にするのに賛成と出ていました。 このような動きにレフトの姿はあまりありません。DSA(Democratic Socialists of Ameri ca - Alexandria Ocasio-Cortez などが入っているグループ) ですらあまり見ません。労 働組合も同じです。あまりの大きな波についていけなくて、後ろの方でチョロチョロと動 いているような感じです。 今日、サンフランシスコで多分初めてSEIUが、数百人程度のラリーをしたようですが、他 にもっと大きなデモがあちこちで起きていますからメインメディアは誰もきていなかった とスティーブが言っていました。 今日、こちらで大きかったのはゴールデンゲートブリッジで片方3車線を埋め尽くしまし た。 このような政党や大きなグループの指導者なしで抗議デモは広がっています。 まだこれはスティーブに言わせれば、前にも言いましたが、prelude (前奏曲?)で本番 はこれからだ、と言っています。そのために色々と忙しそうです。(6月8日) *写真=6月4日サンフランシスコ「Mission High School」のデモ

Created by staff01. Last modified on 2020-06-08 19:42:27 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について