本文の先頭へ
LNJ Logo サンフランシスコ和美 : 燃え出したアメリカ
Home 検索
 


サンフランシスコ和美です。

ここ数日、アメリカでは各地で燃え出した火の手が益々大きくなる感じです。
コロナで始まったパンデミック、感染者数はもうじき200万人、サンフランシスコはこの
月曜日あたりから徐々にロックダウンを解除の方向に行くようですが、レストランが屋内
で食事ができるようになるのは7月の半ばと市の通知がニュースに出ていました。

経済の面ではものすごい打撃です。現在は4千200万人が失業、気がつきませんでしたが、
かなりの人が2ヶ月以上経っているのにいまだに失業保険がもらえていないようです。事
務所がしまっている為、インターネットを通して手続きをしなければいけないようで、し
かもそれを審査して、妥当だと認められてから保険がおりますから先は長いようです。た
だ、去年税金を払った人は大体の人が一人$1,200ずつ直接口座に入金か、あるいは小切手
でもらいました。私たちも先週の木曜日に小切手が送られてきました。近くで長く営業し
ていたレストランなども閉店の知らせが隣近所のニュースレターで来ていました。

このような状況の中でGeorge Floydという人が警察に殺されました。
日中にみんなの目の前で彼の首を約9分近く(8分46秒)、6分近くの時に彼はすでにぐっ
たりして反応がなかったにも関わらず、それ以後も2分53秒の間、膝で喉を押し付け、殺
してしまいました。

それ以後、アメリカ各地でデモが繰り広げられ、特にこの木曜日以来大きくなっています。
今日も全国各地で起きていますが、デモと同時に、お店への略奪があちこちで起きていま
す。大体の店がボードが窓や入り口に打たれていますが、それをひっぱがえして、あるい
は窓ガラスやドアを破って押し入り、物を運び出しています。昨日のシーンではユニクロ
もやられていました。あちこちで起きていますから、警察はとても手が回りません。
もちろんお店だけでなく、銀行やCNNのヘッドコーターもやられました。CNNは多分右翼が
混じってしたのではと思いますが。

現在もホワイトハウスの真前で警察とデモ隊が衝突しています。花火だかガンだかがボン
ボンと音を立てています。このホワイトハウスのすぐ近くにAFL-CIOのヘッドコーターが
ありますが、そこの建物も窓ガラスがわられ、ドアが壊されて中のロビーが燃えていまし
た。道のあちこちでゴミ箱が路上で燃やされています。

私たちは明日、月曜日、正午にまず、オークランドにある州の建物の前でコロナウイルス
からessential workers 労働者を守れ、という趣旨でpress conference とラリーをし、
その後、車のキャラバンで11年前にOscar Grantという人が殺された駅の前、そして野球
のA’s の本拠地のコロシアムでまたpress conference とラリーをする予定です。すべて
無事に終わる予定です。

スティーブに言わせると、これはまだ始まったばかりで、これからもっと大きくなる、と
思っているようです。

今日は以上です。

Created by staff01. Last modified on 2020-06-01 14:40:36 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について