本文の先頭へ
LNJ Logo 東京東部労組 : 個人タクシー世田谷第三職員支部の争議が勝利解決
Home 検索
 


全国一般東京東部労組の須田です。

東部労組個人タクシー世田谷第三職員支部の争議が勝利解決しました。
みなさんのよってたかってのご支援に感謝申し上げます。
以下、その報告と御礼です。

●争議勝利解決のご報告と御礼

全国一般東京東部労組個人タクシー協同組合世田谷第三職員支部の闘いで、職員 に不当の限りを尽くしてきた使用者を職場から放逐し、新たに就任した使用者と の交渉で職員の要求が認められたため、労組は5月11日、合意書に調印しまし た。 無期限ストライキをはじめとする労働者の団結と闘いによる勝利です!全国から 支援カンパを寄せてくれたみなさん、抗議行動に参加してくれたみなさん、本当 にありがとうございました! 同支部の労働争議は、朝貝支部委員長の今年3月からの定年再雇用をめぐり使用 者側が一方的に勤務日を週3日に減らし半額の賃金でしか雇わないという不当な 条件を押しつけてきたことや、組合員への不当労働行為に使用者が一向に反省を 示さないことなどから勃発しました。 同支部の職員2人は「生活できる再雇用条件を示せ」などの要求を掲げ、時限ス トライキや抗議行動などを闘い、3月5日からは無期限ストライキに突入してい ました。2人を支えようと全国各地から多額の支援カンパが寄せられ、支援決起 集会にも多くの労働者が駆けつけてくれました。 こうした闘いの中で、2人が雇用されている東京都個人タクシー協同組合世田谷 第三支部において総会の役員選挙が今月上旬に行われ、使用者側の全員が立候補 を断念せざるをえないという事態に追い込みました。つまりパワハラや不当労働 行為をくり返してきた悪らつな使用者たちが総退陣し、使用者たる
地位を追われ、職場から放逐されたということです。 そこで職員2人は新たに就任した使用者とただちに交渉し、主に以下の内容で合 意に達しました。 1.使用者は、朝貝支部委員長の定年再雇用について、前の使用者が押し付けた 週3日勤務・賃金半額という雇用条件を全面的に撤回し、新たに週5日勤務・現 状の賃金の8割6分相当(基本給が7割、諸手当は現状通り)で雇用契約を締結 する。賞与についても従来の7割相当を支給する。 2.使用者は、朝貝支部委員長に対して前の使用者が通告した懲戒処分を全面的 に撤回し、その旨を事務所内に掲示する。 3.使用者は、朝貝支部委員長に対して前の使用者が退職金を10%削減した行 為は不当なものであると認めて全面的に撤回し、速やかに減額分を支給する。 4.使用者は、前の使用者が組合員に対して行った言動が不当労働行為であった と認め、その言動を撤回するとともに遺憾の意を表明し、今後は使用者としてそ のような行為がないよう努める。 5.使用者は、前の使用者が職員に対して行ってきたパワハラと思われる言動に ついて遺憾の意を表明し、今後は良好な職場環境を作るよう努める。 生活できる定年再雇用の条件を勝ち取り、使用者による不当な懲戒処分や退職金 削減、不当労働行為の言動もすべて撤回させることができました。これらの合意 を踏まえて、職員2人は67日間に及んだ無期限ストライキを解除し、5月11 日の始業時間から就労に復帰しました。 団結して闘えば労働者の生活と権利を守ることができると2人の闘いは証明しま した。この争議勝利は2人だけの勝利ではなく、寄って集って(よってたかって) 争議をともに闘ってきたすべての労働者の勝利です。 ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございます!全国各地から寄せら れた争議支援カンパは全額、2人の生活と闘いを支えるために活用させていただ きました。これをもってカンパの呼びかけは終了させていただきます。 今後も2人は労働者の生活と権利を守っていくため、引き続き奮闘していく決意 です。ともに頑張りましょう! ※ 以下のブログ記事を参照 https://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/c67f26a464f00de8972167beafe7e1f3

Created by staff01. Last modified on 2020-05-12 14:43:23 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について