本文の先頭へ
LNJ Logo 第91回愛知県中央メーデー 5/1、名古屋駅前で宣伝行動
Home 検索
 


第91回愛知県中央メーデー
ー5/1、名古屋駅前で宣伝行動ー

https://imadegawa.exblog.jp/31171151/ ■「自粛と補償はセットで!」 第91回愛知県中央メーデー行動が5月1日に取り組まれた。「一律10万円の支給は決まっ たものの、それだけでは足りない。誰もが暮らしや事業を維持していける補償を求める」 などとする宣言が採択された。 今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、例年の集会やデモの形式は取られなかった。 代わりに、名古屋駅前でマイクや横断幕を使った宣伝行動が行なわれた。また、その様 子をインターネットを通じて配信するなど、工夫をこらしてメーデー行動が取り組まれた。 行動の冒頭、知崎広二実行委員長が主催者を代表して、「今年は日本メーデー100年の節 目だ。この節目に3つの事を宣言する。日本メーデー100周年を祝うとともにメーデーを 新たな時代に向けて発展させていくこと。そしてコロナショックのなかで雇用と営業を守 るメーデーとして政府に対し、自粛と補償が一体となった予算の実現と、医療提供体制の 拡充を求めること。世界の労働者と団結し、一緒に闘うことだ」などとあいさつした。 医療現場からは愛知県医労連の西尾美沙子書記長が、「政府は、『医療など、ライフライ ンを守る人人に感謝を』と言う。言葉だけでなく、マスクを、防護服を届けてほしい。自 分たちを守る手だてが無い中で、医療崩壊は既に始まっている。病床が足りないのに減ら すのも信じられないと現場から声が上がっている。医療・介護労働者は今、コロナの渦中 で、子供が保育園に預けられない差別も生まれている。現場では16時間の夜勤が当たり前。 メーデーに際し、8時間労働を求めると共に、最低時給1500円を求めていく」と発言し た。 参加者らは、「『8時間でまともに暮らせる賃金を』の要求を高く掲げ、世界の労働者と 連帯して闘いを一層前進させよう」とする宣言を確認し、団結ガンバローで行動を締めた。 このメーデー行動には名古屋ふれあいユニオンからも数人が参加した。「8時間労働制 壊すな」などと書かれたユニオンの横断幕やプラカードは注目を集めた。ユニオンはメー デー行動終了後にも名駅前で総括集会を行なった。そして、「『8時間では会社から帰し てもらえない』、『8時間労働では食べていけない』、『働きたくても8時間働けない』 という労働者が居る限り、私たちはメーデーをここでやめるわけにはいかない」などと確 認した。 ■連合等もオンラインメーデー 日本労働組合総連合会(連合)は4月29日に第91回メーデー中央大会を「WEB開催」し、Y ouTubeで会長メッセージなどを配信した。連合も大規模なメーデー集会を計画していたが、 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにこうした形になった。統一メーデーの実現 を求める「第91回日比谷メーデー」などもYouTubeで生中継され、団結を確認した。 酒井徹

Created by staff01. Last modified on 2020-05-05 09:36:15 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について