本文の先頭へ
LNJ Logo たんぽぽ舎メルマガ NO.3724/たんぽぽ舎30年に寄せて(広瀬隆)
Home 検索
 


たんぽぽ舎です。【TMM:No3724】
2019年8月20日(火)地震と原発事故情報−
               5つの情報をお知らせします
                        転送歓迎
━━━━━━━ 
★1.たんぽぽ舎の原発反対運動の柱になっている思想と信念は
   放射能測定が基礎になっているから信頼できる
   たんぽぽ舎30年に寄せて       広瀬 隆(作家)
★2.福井県知事から「老朽原発運転延長、使用済み核燃料の
   処理・保管などに関する公開質問状」への回答を得ました
   回答は国、原子力規制委、関電任せで県としての主体性なし
     「福島のような事故が若狭で起きたら?」の問いにも
   「仮定の話には答えられない」と逃げの回答
               木原壯林 (若狭の原発を考える会)
★3.関東大震災から96年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式を案内します
   なぜ殺されるのかも 分からぬままの方々の無念を知って下さい
   事件を記憶し、追悼するためにご一緒ください
            愼民子(「一般社団法人 ほうせんか」)
                   (その1)(全6回の連載)
★4.皆既日食は太陽コロナ観測の絶好機
   光の波長測定しフレア予測へ
     警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その308
                  島村英紀(地球物理学者)
★5.新聞より1つ
  ◆東電は処理水、長期保管を 脱原発目指す首長らが声明
             (8月18日「静岡新聞ニュース」より)
━━━━━━━ 
※明日です!
 8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!
 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!
 「特重できていない原発」はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)12時より13時…原子力規制委員会前(港区)
                  (地下鉄六本木一丁目駅より)
               15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)
                      (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)
 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549
━━━━━━━ 
※8/21(水)学習会にご参加を! 反緊縮経済政策Q&A:
    「市民と野党の共闘」が掲げる経済政策を巡って
 講 師:田中一郎さん(ちょぼちょぼ市民連合)
 日 時:8月21日(水)19:00より21:00  新ちょぼゼミ
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円
━━━━━━━ 
・「8・15版」川柳【フクシマはなかったことにして五輪】
          【表現のまさに不自由不自由展】
                    乱 鬼龍(転載歓迎)
━━━━━━━ 

┏┓ 
┗■1.たんぽぽ舎の原発反対運動の柱になっている思想と信念は
 |  放射能測定が基礎になっているから信頼できる
 |  たんぽぽ舎30年に寄せて
 └──── 広瀬 隆(作家)

◎ たんぽぽ舎に最初に呼ばれたのは、1986年のチェルノブイリ原発
事故からほどない時期だったので、30年以上前だったと記憶している。
 この時期の1988年に、伊方原発の出力調整実験を阻止するため、香川
県高松市の四国電力本社に全国から集まった原発反対運動の人たちが泊
まり込み、反対運動を展開したのだが、おかげで私はこの年に300回と
いうメチャクチャな講演をしなければならなかった。
 それでも私はまだ45歳の若さだったので、このトンデモナク残酷な人
たちに付き合って全国を回っていた。

◎ そうした時に、食べ物に敏感な女性たちを中心に、東京でも原発
反対運動が盛り上がった時に、私もたんぽぽ舎に呼ばれて講演を頼ま
れたものらしい。
 つまり、ヨーロッパだけでなく、日本でも、チェルノブイリの放射能
被害を食い止めるため、輸入食品がキロあたり370ベクレルなんて、子供
たちに非常に危険であることをみなで議論した。

◎ その時の私は、そうした活動が「たんぽぽ舎の放射能測定」の出発
点であることを知らなかったが、のちに、「たんぽぽ舎の放射能測定」
が地道に続けられていることを知って、偉いものだと思った。
 特に、福島第一原発事故のあと、つまり現在のたんぽぽ舎の原発反対
運動の柱になっている思想と信念は、放射能測定が基礎になっている
から信頼できるのだ。

◎ 次にたんぽぽ舎と深い関係を持ったのは、1995年1月17日に阪神大
震災が起こって、しばらくして、たんぽぽ舎の柳田真さんから電話が
あり、地質学者の生越忠先生を招いて「地震と原発の研究会」を発足
させるから参加してほしいとの依頼があった時だった。
 すでに私は現地・神戸市内から一帯に広がる被災地を何度も歩いて、
知人・友人たちが受けた大被害に打ちのめされていた時だったので、
一も二もなく承諾し、毎週1回十人ほどの精鋭が集まって、難解な
地震学の解析に取り組み始め、私も毎週の議論に参加した。

◎ 生越さんから、地震を起こす震源と、実際に大被害を受ける地域
が、距離ではなく、大きな断層線と、プレート境界線による「高速
道路」で結ばれているという大原則を教えられて、私の地震学は、常に
世界的な地震発生地点の関連に向けられるようになった。
 その原則に沿って、大地震の予測もできるようになり、のち2010年に
『原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島』を発刊し、その半年後に
東日本大震災が発生したが、これは世界的な地震発生地点と、日本の
地殻変動を調べていれば、誰にでも予測できるはずの出来事だったの
である。
 「地震と原発の研究会」から得た知識と知恵は、たんぽぽ舎の誰も
が、現在でも共有していると思う。

※《事故情報編集部》より
 広瀬 隆氏の文章は、「たんぽぽ舎30周年によせて」のメッセージ
 として9番目となります。


※たんぽぽ舎からのご案内

   ★ 9/22(日)たんぽぽ舎『30周年記念の集い』のご案内 ★
   −命と大地を放射能から守れ  原発やめよう みんなの想い−

 ・記念講演『原発にしがみつく日本 なぜ? どうする?』
     講師:小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所助教)
 ・リレートーク…多彩な7名のゲスト

 日 時:2019年9月22日(日)13時30分より16時45分
 会 場:「ベルサール神保町」たんぽぽ舎から徒歩5分
 第1部:記念講演とリレートーク
     第1部の参加費:当日1200円、前売り1000円
  第2部:懇親会(定員・予約制、懇親会費別途)17時30分より
      会場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
  お問い合わせ:たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035


┏┓ 
┗■2.福井県知事から「老朽原発運転延長、使用済み核燃料の
 |  処理・保管などに関する公開質問状」への回答を得ました
 |  回答は国、原子力規制委、関電任せで県としての主体性なし
 |    「福島のような事故が若狭で起きたら?」の問いにも
 |  「仮定の話には答えられない」と逃げの回答
 └──── 木原壯林 (若狭の原発を考える会)

  2019年8/16発行「京都の金曜行動で配布したビラ」より大見出しのみ
 「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」
   取りまとめ;若狭の原発を考える会


┏┓ 
┗■3.関東大震災から96年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式を案内します
 |  なぜ殺されるのかも 分からぬままの方々の無念を知って下さい
 |  事件を記憶し、追悼するためにご一緒ください
 └──── 愼民子(「一般社団法人 ほうせんか」)
       (その1)(全6回の連載)

 私は、「一般社団法人 ほうせんか」の理事の愼民子(シンミンジャ)
です。母体は「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼
する会」(1982年設立)という団体です。東京都墨田区八広という地域で
活動しています。

 さて、もうすぐ9月1日を迎えます。この日に日本の学校では、関東
大震災にちなみ避難訓練をします。「まず、火を消せ」と。「防災頭巾
をかぶって、避難場所に集まれ」と。
 そんな訓練中に、「殺される恐怖」に見舞われる者がいることを知っ
ていますか?「デマに流されて、他人に危害を与えてはいけない」こと
こそを伝えて欲しいと思う者がいることを知って欲しいです。

 今年も、朝鮮人追悼式が関東各地で公開されているだけでも11箇所で
行われます。ここ数年は中国人追悼式も行われています。関連学習会も
開かれています。
 フィールドワークで訪ねてこられる方は日常的におられます。朝鮮
半島各地では、この日を命日として、当時日本に渡ったきり帰らぬ父親
や兄弟姉妹、親戚たちの法事を行い続けている家庭もあります。
 遺族たちは、遺骨だけでも返して欲しいと願い、何処で何があったの
か知りたいと、今も語るのです。

 事件は、未曾有の地震の直後から始まりました。
 “「朝鮮人が放火した」「朝鮮人が攻めてくる」「井戸に毒を撒い
た」などの流言蜚語が飛び交い、それを信じた人々は、数千人の朝鮮人
が殺された。”
 上の“ ”内部分は、数年前までには、小学校の教科書にも掲載され
ていましたので、知っておられる方も多い事件だと思います。

 事件の仔細は次回に回すとして、まずは追悼式の案内を送ります。
  (私どもの案内から)
 96年前、「朝鮮人が暴動をおこす」などの流言蜚語がとび、それを信
じた人たちによって、関東一円で数千名の朝鮮人が殺害されました。
 私たちは「繰り返さないために」と、追悼を続けてきましたが、油断
すると歴史は繰り返されてしまうのかもしれないと、恐怖を感じずには
いられないことが、今あの国会の中で、街中で、繰り広げられています。
 だからこそ、ひるまずに追悼し続けることが大事と信じております。
追悼式は、国や民族を超えて手をつなぐ者たちが集います。
 「平和と友情」はここから拡散し実現するとの思いがいっぱいにあふ
れる場であります。
 今年は追悼式38回目です。38年続けた重みを、追悼碑を巡る地域の
方々の暖かな声援をいただく中で、ありがたく噛み締めております。
 どうぞ、皆様の追悼する気持ちをお寄せください。
 ご一緒しましょう。

日 時:9月7日(土)13時15分より「隠された爪跡」上映
                1983年呉充功監督  58分
場 所:八広地域プラザ 吾嬬の里
             墨田区八広4-35-17
           (京成八広駅=各駅停車のみ=から徒歩7分)

   14時30分より「追悼の花束」みんなで作りましょう
場 所:荒川河川敷 木根川橋下(京成荒川駅下車 徒歩3分)
   15時より「追悼式」                
    追悼の歌〜〜李 政美&竹田裕美子・矢野敏広/
          ゲスト Swing MASA
    追悼のプンムル〜〜各地からトッケビ プンムルペが集います。

     17時より19時「ほうせんかの夕べ」
場 所:八広地域プラザ 吾嬬の里
        李 政美&竹田裕美子・矢野敏広ライブ・Swig MASA
参加費:2000円(お弁当・ワンドリンク付き)
    飲み物追加販売します。飲食物持ち込み自由。


┏┓ 
┗■4.皆既日食は太陽コロナ観測の絶好機
 |  光の波長測定しフレア予測へ
 |    警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その308
 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 7月17日に世界の広い範囲で月食が見られたが、その半月前の7月2
日に、南太平洋、チリ、アルゼンチンなどで皆既日食が見られた。
 月の軌道はわずかに動くが、このところ太陽と月と地球がたまたま
一直線に並ぶ日が続くからだ。地球の影に月が入るのが月食、逆に月の
影が地球上を通るのが日食になる。

 この日食を手ぐすねひいて待っていた科学者たちがいた。この日食
は、アメリカ国立光学天文台が南米チリの標高2200メートルの高さに
設置したセロ・トロロ汎米天文台をちょうど通った。高山だと空気に
よる散乱が少なく、日食をはじめ天体をよく観測できる。
 科学者の主な目的は、太陽のまわりにあるコロナの観測だった。
コロナは荷電粒子のかたまりが噴出するもので、ときには太陽の数倍か
ら数十倍まで広がる。太陽から吹き出すフレアを作る。

 太陽の大気層の外縁で最も高温な領域だが、太陽本体に比べて100万分
の1の微弱な明るさしかない。それゆえ日食のときにしか見えない。
 このフレアが地球に達すると磁気嵐になる。かつて大規模なフレアが
出て、1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本
の人工衛星が故障したこともある。大規模なものが起きたら広い範囲で
停電が起きたり、GPSなどの衛星の機能を損ねかねない。大地震なみ
の大混乱になるだろう。

 ところが、このフレアを予測して警告する方法はない。日食のときに
太陽が放出するいろいろな光の波長を測定して、フレアの予想を確実な
ものにしたいというのが科学者の狙いだった。しかも今年は11年周期で
ある太陽の活動が最小限に近いので、2017年に起きた日食のときに見ら
れたのとは別の機会だった。

 もちろん、日食ではないときにコロナを見ることもできる。望遠鏡に
太陽の大きさの遮光板を付けて、まわりを見ればいいのである。「コロナ
グラフ」という装置だ。しかし、日食のときに高山で見るほどには精密
なことはできない。
 近年では、人工衛星にコロナグラフを積んで、大気の擾乱がないとこ
ろでコロナを観測することも行われている。
 衛星のコロナグラフのおかげで太陽以外の恒星のコロナも観測できる
ようになった。これによって地球に及ぼす太陽フレアの解明にも役立
つ。また、恒星近くの太陽系外惑星も観測できる。
 だが、日食のときの天文台や、今回行われた日食を追ってコロナの
時間変化を調べた飛行機のように、多くの新規の観測器を積むことは
無理だ。

 ところで、世の中に多い天文ファンには、自作のコロナグラフで
コロナの観測に挑む人が多い。
 だが、この試みはとても危険だ。100万倍も強い太陽の光を遮らなけれ
ばならないので、装置が火を出したり、装置の内部のレンズ類や鏡胴が
燃えてしまう事故が後をたたない。そればかりではない。失明する人も
続出しているのだ。
 アマチュアだけではない。プロが作ってプロが操作していた国立天文
台のコロナグラフ1号機さえも、遮光板が熱で融けて煙を上げたことが
あるほど危険なものなのだ。

 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/ 
  「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より8月2日の記事)


┏┓ 
┗■5.新聞より1つ
 └──── 

 ◆東電は処理水、長期保管を 脱原発目指す首長らが声明

 全国の現職市区町村長や経験者でつくる「脱原発をめざす首長会議」
は18日、青森県むつ市で会合を開いた。東京電力福島第一原発で増え続
ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水について海洋放出せず、長期
保管するよう求める緊急声明を出した。
 これまで東電は敷地内でのタンク保管は2022年夏ごろに限界となると
して、長期保管に難色を示している。
 千葉県長生村の石井俊雄元村長は会合で、福島第一原発の処理水に関
し「海洋放出には風評被害を恐れる漁業関係者の反発が強く、長期かつ
大量になれば健康被害の可能性を専門家も指摘している」と訴えた。
            (8月18日「静岡新聞ニュース」より)

────────── 
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
 します。
  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より
 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他
 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、
 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも
 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)
 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ
 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。
 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・
 グループも平等に掲載する基本方針です。
 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など
 必要事項を400文字以内でお送り下さい。
 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)
 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。
ご了解下さい。
────────── 
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
  ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
 ◆メールマガジンをお送りします
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
  送ってください。
   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは
  間違いの元となりますのでやめて下さい。
  登録できしだい発信致します。
 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。
 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり
  ます。
────────── 
たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、
       日曜・休日はお休みです。
   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
              ダイナミックビル5F
       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
       新HP http://www.tanpoposya.com/
       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
           口座番号 00180-1-403856

Created by staff01. Last modified on 2019-08-20 21:05:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について