本文の先頭へ
LNJ Logo 感動と笑いと怒りと〜レイバーフェスタ2019に200人が集う
Home 検索
 


感動と笑いと怒りと〜レイバーフェスタ2019に200人が集う

 12月21日(土)田町交通ビル6Fホールのレイバーフェスタ2019は、午前の川柳発表、映画『東京干潟』上映と村上浩康監督トークから、午後の音楽・寸劇・短編映像・3分ビデオまで、感動と笑いと怒りの表現に満ちた充実した内容になった。参加者は200人で遠くは札幌からの参加者もいた。「世界の闘いの歌」で初めて出演したアリソン・オバオンさんの歌声は聴衆を魅了した。3曲の歌は労働・平和・祖国フィリピンを歌ったものだった。


*川柳の講評をする高鶴礼子さん(左)


*『東京干潟』村上浩康監督のトークショー

 非正規労働者自身による寸劇「メトロコマース版・女三人吉三(おんなさんにんきちさ)」は、爆笑と差別への怒りを引き起こした。ニッポンの今《映像+トーク》『関西生コン弾圧事件』では、上映後、小谷野毅さんが現在進行する凄まじい組合弾圧の実態を語った。『がんを育てた男・その後』で登壇したのは木下昌明さんと山口正紀さん。がんにどう向き合いどう生きていったらいいのか。医者まかせにせず「ものいう患者」になることの大切さを訴えていた。


*3分ビデオ上映後の1分アピール

 恒例の3分ビデオは17本一挙上映で、フェスタの盛り上がりも最高潮に達した。最後に上映された3分ビデオ『帰れる場所』(堀切さとみ)は高い評価を受けたが、2020年に一部避難解除になる双葉町の行く末を問うものだった。(M)


*ロビーのレイバーネットTV写真展示

★川柳入選句紹介(66人・115句)

<特選> 1句
昭和史のまんま沖縄盾にされ      すなふきん

<入選> 4句
カンデンか金にしびれた男たち     いりたまご
百年を生きる答えが見つからず     カラスの行水
座り込むジュゴンの無念抱きしめて   すなふきん
アフガンを緑に変えて哲は逝く     わかち愛

<佳作> 9句
開幕の前に閉幕首都マラソン      アカエタカ
定年後始めたバイトにまた定年     山下司
有休をスクラム組んで取りに行く    ぴのこ
香港にあげたい市民栄誉賞       なずな
陸上に迷走追加する五輪        カラスの行水
詐欺の山モリカケサクラてんこ盛り 今 明
知りません残ってません分かりません 奥徒
桜には囲まれてても四面楚歌      なっちゃん
伏せ字なく川柳吐けるまだ自由     笑い茸
*以上選句は「レイバーネット川柳班」

<高鶴礼子選> 3句
知りません残ってません分かりません 奥徒
座り込むジュゴンの無念抱きしめて すなふきん
もういいかい世襲議員のまあだだよ 雲がくれ

★三分ビデオ賞紹介

・村上浩康賞=認定法人アニマルライツセンター北穂さゆり「Don’t leave me」
・メトロコマース賞=斉藤和子「まだ終わっていないパート2〜安定ヨウ素剤を知っていますか?」
・東海林智賞=堀切さとみ「帰れる場所」
・山口正紀賞=堀切さとみ「帰れる場所」


Created by staff01. Last modified on 2019-12-23 10:04:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について