本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネットTV(11/20)番組案内 : この「働き方」おかしくない? 名ばかり「事業主」の現実
Home 検索
 


 11月の特集はいまホットな「新しい働き方」の労働問題をとりあげます。
ウーバーイーツユニオンが生出演します。ぜひご覧ください。



 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ●労働者の 労働者による 労働者のための レイバーネットTV 第145号放送 特集:この「働き方」おかしくない?〜名ばかり「事業主」の現実 ・日時/放送時間 2019年11月20日(水)  19.30一20.50(80分)ギャラリー開場 19.00 ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋) http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html ・キャスター 土屋トカチ ジョニーH <動画ニュース>(10分)  この1か月のホットなニュースを動画でお送りします。 <木下昌明の映画紹介『家族を想うとき』>(10分)  イギリスの巨匠ケン・ローチの最新作。不安定な「ゼロ時間契約」の配達ドライバーを 主人公に、働き方と時代の変化に振り回される家族の姿を描いている。(下記「特集」と の連動企画です) <特集:この「働き方」おかしくない?〜名ばかり「事業主」の現実>(60分)  ウーバーイーツ配達員、クリーニング店オーナー、ヤマハ英語教室講師……「雇われな い働き方」が注目を集めている。「自由な働き方」ともてはやされることもあるが、報酬 の不安定、仕事でけがをしても自分持ち、突然の解約・失職など、その現実は危険がいっ ぱい。中には、実態は社員と同じなのに、名前だけ「オーナー」にして労働者の権利を取 り上げる会社も。しかし「このままではいけない」とユニオンをつくり現場から声を上げ た人たちがいる。番組ではそうした人たちに出ていただき、名ばかり「事業主」の実態と たたかいを伝えたい。また「雇われない働き方」の保護を模索する内外の動きも紹介しな がら、「新しい安心の形」を考えたい。 ・出演者=工藤貴史(労評クリーニング労組書記長)      前葉富雄(ウーバーイーツユニオン執行委員長)      八木橋修(全国一般三多摩労組日本テクノ分会)      指宿昭一(弁護士、日本労働弁護団) ・電話での出演      鈴木和幸(NPO法人クリーニングカスタマーサポート代表)      Oさん(ヤマハ英語講師ユニオン) ・司会進行=北 健一(ジャーナリスト、出版労連)   *特集の休憩タイムにジョニーHの歌が入ります。  レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒ ー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます 。番組終了後、実費の「懇親会」もあります。ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは #labornettvです。連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Created by staff01. Last modified on 2019-11-19 15:08:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について