本文の先頭へ
LNJ Logo 「アリ地獄天国」で土屋トカチ氏が入選〜貧困ジャーナリズム大賞2019
Home 検索
 


「アリ地獄天国」で土屋トカチ氏が入選〜貧困ジャーナリズム大賞2019

 9月28日午後6時30分から、文京シビックセンター26階のスカイホールで、第12回反貧困ネットワークの「貧困ジャーナリズム大賞2019」授与式が行われた。 

 大賞は2つ。NHK-ETVの「静かで、にぎやかな世界〜手話で生きる子どもたち」(2018年5月26日放送)、RSK山陽放送の「ハンセン病取材班」。特別賞に中川翔子が書籍『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文芸春秋)、NHKハートネットTV「#8月31日の夜に」や朝日新聞等の「生きずらさ」を抱える子どもへの活動に対して。そのしょこたんがやってきた。

 もうひとつの特別賞は書籍『むこう岸』で安田夏菜(講談社)が受賞した。ジャーナリズム賞は、10の個人、グループで、土屋トカチの「アリ地獄天国」も入選した。(反貧困ネット世話人・白石孝)


Created by staff01. Last modified on 2019-10-01 10:18:02 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について