本文の先頭へ
LNJ Logo 日韓市民は東アジアの平和を求める!〜「希望連帯」が共同記者会見
Home 検索
 


日韓市民は東アジアの平和を求める!〜「希望連帯」が共同記者会見

動画(白石発言・10分半)

 「平和に逆行した日本政府の対韓政策に強く抗議する!−私たち日韓市民は東アジア の平和を求めている!」。8月8日参議院議員会館でおこなわれた「希望連帯」呼びかけの 共同記者会見は、韓国のメディアや市民活動家、労組、関心を持って駆け付けた人々で満 席だった。参加者は116名。

 「希望連帯」代表の白石孝さんは、ソウル市と反貧困や居住・福祉の運動や労働政策そ の他で相互交流を行ってきているが、今月18日からの調査旅行で会うことになっていた行 政区の長から「会うことができない」とキャンセルが入ったことを話した。そして日本の 国内で、メディアや世論に対してきちんとした事実を示していく取り組みをやる責任があ るということで、内閣に対して抗議文を出すと同時に、日韓、東アジアの平和をめざす市 民のアピールを出したと報告した。

 「日韓民衆連帯全国ネットワーク」の渡辺健樹さんは、日韓関係が「過去最悪」といわ れる理由は、安倍政権がパククネ残党勢力や保守マスコミと気脈を通じ、過去清算と南北 対話を強調する「ムンジェイン政権つぶし」に照準を合わせているからだと話した。

 「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」の矢野秀喜さんは、今回の措置は、 韓国政府が被害者中心で大法院の判決を重視していることに対する日本政府の「報復」で あり、安倍政権は韓国への輸出規制を撤回し、強制動員問題を話し合いで解決すべきだと 話した。そして「戦後74年になるが植民地支配で強制動員された人たちの被害は回復して い。被害者が生きているうちに解決すべきだ」と訴えた。

 「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の菱山南帆子さんは、最近韓国の友人から、安倍政 権のせいで韓国は今大変なことになっているというメールが来ていることを紹介した。ま た日本の若者が食べ物やKポップなどで韓国を身近に感じているこの流れを、安倍政権は 断ち切ってほしくないと発言した。

 「日本キリスト教協議会」のキムソンジュさんは、日韓での取り組みの経緯を紹介し「 今や日本の民主化は韓国からの支援を受けなければ成功できないと考えるに至った。100 年前、日本の大正デモクラシーでリベラルな知識人たちは大日本帝国の植民地支配を批判 できなかった。今それを反省すべきだ。日本の民主化は日本単独ではありえない。北東ア ジアとの連帯、朝鮮半島との連帯ぬきにはありえない」と話した。

 日本の大手メディアが来ていなかったことはとても不満だった。安倍政権に忖度するの ではなく、事実を報道してほしいと思う。キムソンジュさんのお話は日本の市民運動の弱 点をしっかり見ていると思った。韓国の運動に謙虚に学ぶことが必要だと思った。〔尾澤邦子〕


Created by staff01. Last modified on 2019-08-09 09:46:19 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について