本文の先頭へ
LNJ Logo 新たな政治ムーブメントの創出/渡辺てる子「参院選挙を終えて」
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0724teruko
Status: published
View


新たな政治ムーブメントの創出〜渡辺てる子「参院選挙を終えて」


*21日、開票センターで

●れいわ新選組の渡辺てる子です。応援してくださいました皆さま、本当にありがとうございました。何の実績もない無名の私に、ここまで支援していただいた皆様に本当に申し訳ないと思います。

 希望を失いがちなこの世の中で、支援して下さった皆さまから、私は言葉に尽くせぬほどの「宝物」をいただきました。このかけがえのない「宝物」を「貧困のデパート」の私は唯一の財産とし、ここからスタートします。

 れいわ新選組の「決意」である「明日の生活を心配せず、人間の尊厳を失わず、胸を張って人生を歩める」社会づくりは、私の決意そのものですから。(7月22日、FBより)

●私の得票数は5073票でした。ご投票いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 新宿等での私のスピーチのPV(ページビュー)が60万回にもなった、ということで、実にありがたいことに「当選も夢ではないのではないか」との周囲の声もありましたが、申し訳ないことに、私はそのようなことはないと思っていました。

 娘が私を取り巻く状況を常に冷静に観察しており、「知名度のなさ、選挙期間の短さ、PV回数と投票行動とは直結しないこと等を考えると、5000票が現実的だ」との予測を立てており、実際にその通りになりました。ということもあり、この結果に落胆はしておりません。

 この落差、ギャップの要因は PVをして下さった方が投票行動には直ちに移らない事、 PVを同じ方が複数回行って下さったこと、 PVをして下さった方がれいわ新選組、渡辺てる子以外に投票なさった事、ではないか、との仮説を私は立てております。

 思えば、7月3日に初めて、れいわ新選組の皆さまの前に登場させていただいてから投票前日の20日まで、正味2週間程度の選挙期間でした。途中までは仕事をしておりましたので、短い期間がさらに短くなりました。そのような中で、私に投票して下さいました皆さま方には、どのような言葉をもってしても、感謝の思いをお伝えすることはできません。本当に、本当にありがとうございます。

 れいわ新選組は、選挙期間中はテレビからパージされながらも、ソーシャルメディアを主戦場とし、山本太郎が獲得した票数は99万票にもなりました。フェスは、開催するたびに盛り上がりを見せ、新たな政治ムーブメントの創出を感じました。これもひとえに、れいわ新選組を応援して下さる皆さま方のお陰です。れいわ新選組に寄せる皆さま方の期待、希望には、限りない愛を感じます。

 この勢いをとどめることなく、より深く確実なものにするためには、私、渡辺てる子は、今後何が必要かを綿密に考え、行動に移す、といった営みを怠らないようにいたします。

 皆さま方とは、長いお付き合いをさせていただきますので、どうかよろしくお願い致します。(7月24日、FBより)


Created by staff01. Last modified on 2019-07-24 09:58:00 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について