本文の先頭へ
LNJ Logo 幕張メッセの武器見本市に反対する「武器よさらば アートフェス」
Home 検索
 




レイバーネットTV140号でお伝えした「安保関連法に反対するママの会@ちば&幕張メッセ での武器見本市に反対する会」が主催する「武器よさらば アートフェス」が6月1日、海 浜幕張駅前で行われた。 このイベントは、ママの会のメンバーのただ意見・主張を声高に言うのではなく、子ども から大人までが楽しみながら、自分たちの願いを広め、人を殺す武器の見本市をやめても らいたいという発想から生まれたプログラムだ。だから、普通の集会とは一味も二味も違 っていた。大きな違いは、そこにいる人が楽しんでいることだ。

 11時、すみや信一さんのこのイベントのために作曲した「武器よさらば アートフェス」 の歌で開幕した。

 イラストレーターでもある伊丹濯くんを中心に、ペイント部門も、それに呼応して3メー トルもある大きな白い布2枚に、参加者が思いおもいの色で武器見本市NOの怪獣が染めら れていった。ご高齢の男性からほんの赤ちゃんまでが、国籍を越えて夢中になっていた。 その間も突然タンゴが流れ、1組のソーシャルダンサーが踊り出したり、歌もゴスペル( 山本愛)あり、「花はどこへいった」などの反戦歌がデュエット(すみや・中里)で歌わ れて、木陰で私たちを見つめる方たちの視線は柔らかい。沖縄の優しいメロディが流れた かと思ったら、突然の「安倍やめろ」が響く(みちばたちゃんぷるーの右田さん)!ジョ ニーHさんも新しい歌を携えて駆けつけてくれた。

 自作紙芝居(市川まりこさん)は、忌野清志郎の歌と共に登場。 最後は地元「ロックまくんバンド」で盛り上がり、完成した2枚の布とみんなで記念撮影 をした。

 武器見本市をはじめて知ったという親子連れ、高校生などもペイントしてくださり、うす 雲のかかった恵まれた天気に感謝しつつ、散会した。 アッピール行動も、このような柔らかな手法でシミジミと気持ちの内部に入り込む方法も 効果があるのではないかと思った。 さて次回の行動は、見本市当日6月17日13時から13時30分までの会場入り口での抗議行動 。ヒューマンチェーンや、ダイ・イン、アッピールスピーチなどをする予定。他に18、19 日は、13時から14時頃まで海浜幕張駅前でスタンディングの予定。 切迫詰まった当日行動は、アートフェスのようにはいかないかもしれないが、短時間でも いいので、ご参加を!

 幕張メッセの所有者である千葉県に提出する「幕張メッセでの武器見本市反対署名は、ネ ットと、紙とで1万7千筆を集めた。ご協力ありがとうございました。

 4日には、県庁に届け、午後には記者会見をする。 6月が過ぎれば、今年11月に予定されている別の武器見本市の開催阻止に向けて署名を続 行する。さらに施設の持ち主である千葉県が「今後は武器見本市はしません」というまで 、続けたい。(笠原眞弓)

Created by staff01. Last modified on 2019-06-04 09:31:47 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について