本文の先頭へ
LNJ Logo 全日建抗議声明 : 武委員長と湯川副委員長のふたりが三たび逮捕される
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0412seimei
Status: published
View



*4月13日の大津署前抗議
 4月11日午後、武委員長と湯川副委員長のふたりが三たび逮捕されました。もうじき保釈が可能、週明けには関西生コンを支援する会結成というタイミングでの暴挙です。しかも、被疑事実は「恐喝」というのですが、どうみてもこれはえん罪。以下の抗議声明を出しました。ご一読ください。(全日建)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●抗 議 声 明      2019年4月12日

                           全日本建設運輸連帯労働組合
                           中央執行委員長 菊池 進
                           全日本建設運輸連帯労働組合
                           近畿地方本部
                           執行委員長   垣沼 陽輔
                           全日本建設運輸連帯労働組合 関西地区生コン支部
                           執行委員長 武 建一
                           
 4月11日、滋賀県警組織犯罪対策課が、関西地区生コン支部の武建一委員長と湯川裕司副委員長の2人を「恐喝」容疑で逮捕するという、あらたな権力弾圧事件がおきた。

 被疑事実は現時点では明らかではない。だが、ふたりが逮捕されたのは昨日の昼前後なのに、 なぜか産経新聞はいち早く同日の朝刊で「関生支部トップ 再逮捕へ」と大きく報じていた。こ の間の一連の弾圧事件報道がそうであったように警察が同紙にだけ事前リークしたのだろう。そ れによると「工事現場での嫌がらせ行為をやめる見返りとして、滋賀県内の生コンクリートの販 売会社から(2015年5月に)現金1千万円を脅し取った」とされていて、それが警察が描く事件のストーリーのようである。

 しかし、それが被疑事実だというのなら、まったくおかしな話である。当時、関生支部は運動 のあらたな砦として会館建設を計画し、その資金カンパをよびかけていた。そして、組合員はもとより、共闘・協力関係にある多くの労働組合や中小企業、市民運動団体などがカンパに応じてくれた。そうやって2015年12月に竣工したのが現在の「学働館」であり、多くの労働組合 や市民運動のさまざまな会合や文化行事などに活用され、地域の拠点としての役割を立派にはたしている。被害者とされる生コン販売会社も、そうした資金カンパに応じた中小企業の1社なのだが、しかし、同社のカンパは、関生支部がよびかけ、それに対して同社が応じたものではなく、 同社のほうから提供の申し出があったものなのである。どうしてそれが「脅し取った」とか、「嫌がらせ行為をやめる見返り」などという話にすり変えられ、逮捕されねばならないのであろうか。

 滋賀県警や大阪府警は昨年8月以降、ストライキを「威力業務妨害」、建設現場の法令違反を告発するコンプライアンス(法令遵守)活動などの産業政策運動を「恐喝未遂」、さらにはビラ まきまで「威力業務妨害」だとして、競い合って不当逮捕をくりかえしてきた。ほんらいは罪に 問うことなどできるはずもない正当な組合活動なのに、それらを、刑事免責を核心とする労働基 本権を定めた憲法28条や労働組合法1条2項を無視することによって、つぎつぎと「事件」に 仕立て上げてきたのである。今回の不当逮捕もそれらと同じ手法による暴挙、しかも事実関係を 歪曲したえん罪というほかない。

 また、この逮捕劇はふたりとも保釈寸前というタイミングで実行された。ふたりの不当な勾留期間はすでに8か月にも及んでいるが、大津地裁における裁判が回を重ね、勾留継続の理由がなくなった警察・検察が、ともかくふたりを監禁しつづけるために強行したものといわざるをえな い。

 さらに、急速な広がりをみせだした不当弾圧許すなの運動に冷や水を浴びせるねらいもあるだ ろう。いま権力弾圧の標的とされているのは全日建関生支部である。しかし、この弾圧は関西と いう地域の個別の労働組合に対する攻撃というにとどまらず、警察・検察・裁判所が一体となっ た労働者・労働組合の労働基本権へのあらかさまな挑戦であり、「共謀罪のリハーサル」ともい うべき危険な側面をもっている。そんな認識と怒りの声が、この間、全国各地の労働組合、市民 運動、議員、政党などに急速に広がりつつある。そして、週明けの4月15日(月)には、著名 人のよびかけで、いよいよ全国規模の支援組織が結成される。こうした運動の拡大を阻止するた めに、ともかく関生支部の信用を貶めたいというのが滋賀県警の目的にちがいない。

     *    *    *

 現在、昨年8月からつづくのべ56人もの大量逮捕と42人もの起訴によって、大別すると、仝佚豢組事件(大津地裁)、大津協組事件(大津地裁)、1部三菱大阪港SS・中央大阪 生コン事件(大阪地裁)の3つの刑事事件が進行中である。,鉢△牢慇源拮瑤了唆叛策活動(こ れにともなうビラまき)を恐喝未遂や威力業務妨害とした事件、は賃上げ原資の運賃引き上げ の約束を守れと要求したストライキを威力業務妨害とした事件である。わかりにくいのは、滋賀 県警・大津地検・大津地裁がひとつの事件を細切れにして逮捕~起訴~新たな逮捕~起訴と異様 な弾圧を重ねており、大阪府警・大阪地検・大阪地裁も3回にわけて逮捕~起訴をくりかえして きたことから、非常に複雑な訴訟係属になっているため、同じ証人が何度も何度もくり返し尋問されるということになっているという点である。

 その結果、来月5月~7月はじめにかけて、大津地裁で13回、大阪地裁で6回、わずか2か 月間でじつに19回もの刑事裁判の公判日程が組まれている。

5月 8日 大津地裁(委員長ほか3名)
    9日 大津地裁(委員長ほか3名)
   15日 大阪地裁 (大阪第1次弾圧・B副委員長ほか7名)
   21日 大津地裁(委員長ほか3名)
      22日   大阪地裁(大阪第1次弾圧・B副委員長ほか7名)
   23日 大津地裁 (A執行委員ほか2名)
   24日 大津地裁(委員長ほか3名)
   27日 大阪地裁 (大阪第2次弾圧・委員長ほか2名)
   28日 大津地裁 (A執行委員ほか2名)
6月 3日 大津地裁 (A執行委員ほか2名)
    5日 大津地裁(委員長ほか3名)
    6日 大津地裁 (A執行委員ほか2名)
    7日 大津地裁(委員長ほか3名)
   19日 大阪地裁(大阪第1次弾圧・B副委員長ほか7名)
  21日   大阪地裁(大阪第1次弾圧・B副委員長ほか7名)
  25日  大津地裁(湖東協ビラまき弾圧事件第1回10名)
     26日  大津地裁(委員長ほか3名)
     28日  大津地裁(委員長ほか3名)
7月 5日  大阪地裁(大阪第1次弾圧・B副委員長ほか)

 このほかにも弾圧の発端となった大阪広域生コン協組による大量の不当労働行為(関生支部の 組合員には仕事をさせない)に対する不当労働行為救済申立事件などが20件以上もある。

 こうした日程をみれば、この権力弾圧がどれだけ過酷な攻撃であるか、組合と組合員、そして 担当弁護団がどれほど打撃を受けているかが一目瞭然でわかるであろう。もはや権力と資本が一 体となった集団リンチの様相を呈しているといっても過言ではない。

 しかし、われわれが膝を折ることは決してない。われわれは、各地の力強い支援の動きに励ま されつつ、一刻も早く仲間を取り戻すために組織の総力をあげる決意をあらためて表明するもの である。
以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「関西生コンを支援する会」(仮称)結成総会のご案内

 ご承知のとおり、全日建関西地区生コン支部に近年まれにみる規模の権力弾
圧が仕掛けられています。ストライキやビラまきなど当たり前の組合活動が「威
力業務妨害」「恐喝」などとされ、昨年8月から毎月のように不当逮捕がつづき、
逮捕者はすでにのべ56人にものぼります。武建一支部委員長ら役員の勾留期間
は8か月となり、警察・検察は「関生支部をつぶす」と公言しています。

 この不当弾圧の本質は、労働組合の団体行動権について刑事免責を明記した
憲法28条と労組法1条2項に対する重大な挑戦だという点にあります。同時に、「共
謀罪のリハーサル」ともいうべき質をもつ弾圧とのたたかいであり、個別の労
働組合に対する支援にとどまらず、労働運動全体の権利にかかわるたたかいと
位置づけて運動を広げる必要があります。

 私たちはそうした観点から、このたたかいを全面支援する組織として、「関西
生コンに対する不当弾圧とのたたかいを支援する会」(略称・関西生コンを支援
する会。仮称)を下記のとおり結成することにしました。ご多忙とは存じます
が、万障お繰り合わせのうえご参集くださいますようご案内いたします。

2019年4月
よびかけ人
鎌田慧(ルポライター)、佐高信(評論家)、宮里邦雄(弁護士)、
海渡雄一(弁護士)、内田雅敏(弁護士)、藤本泰成(平和フォー
ラム共同代表)、菊池進(全日建委員長)

日時 4月15日(月)11:00〜12:00
会場 参議院議員会館B107号会議室
*10:45から1Fロビーで通行証をお配りします。

内容「関西生コンを支援する会」(仮称)の目的、活動、
役員体制、運営、当面の活動などについて
*結成総会終了後、関西生コン弁護団を迎えて不当弾圧との
たたかいの現状報告集会を開きます。
(12:00〜13:30、会場は同じです)
お問い合わせ03−5289−8222(平和フォーラム)、03−5820−0868(全日建)

Created by staff01. Last modified on 2019-04-14 13:34:13 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について