本文の先頭へ
LNJ Logo 米国労働運動 : 利潤よりも患者のために!/13000人の看護師たちがストライキを計画
Home 検索
 


〔解説〕教員たちの立ち上がりが、他の産業の労働者たちを勇気づけている。看護師たちも配置人員基準の改善を求めて、ミシガン、マサチューセッツ、カリフォルニア州などで闘っている。「レイバー・ノーツ」誌3月号はストライキに向けて準備が進むニューヨーク州の取り組みを報告している。(レイバーネット日本国際部 山崎精一) *毎月25日前後に「レイバー・ノーツ」誌の最新記事を紹介します。

ニューヨーク州の看護師、人員配置基準を巡ってストを準備

   クリス・ブルックス(レイバーノーツ・スタッフ)

*プラカード「利潤よりも患者優先」

 ニューヨーク州で最大手の三つの医療法人で13000人の看護師たちが三月にストライキを予定している。ここ数カ月間、モンテフィオーレ、マウント・サイナイ、ニューヨーク・プレビテレアン医療法人はニューヨーク州看護連盟と集団交渉をしてきた。看護連盟は病棟看護師一人当たりの患者数を制限する配置人員基準条項を労働協約に含めることを要求している。その数は部局によって異なる。例えば、手術や救急部門では患者4人まで、集中治療病室では1人までである。

 しかし、病院側は二の足を踏んでいる。「配置人員要求を少し下げれば、話し合いに応じる、と病院側は言っています」とモンテフィーレ病院の集中治療棟に勤めるミシェル・ゴンザレスさんは語る。「私はストライキする準備ができています。病院組織の一部になって、黙ってはいません。患者のためにより良い基準を勝ち取るために病院組織を止める必要があるのなら、そうします。」

●ストを準備する

 看護連盟はそれぞれの病院に協約行動チームを組織するのに半年を掛けてきた。協約行動チームのメンバーは仲間たちに対してストライキ準備を働き掛けてきた。ゴンザレスさんのような看護師たちは一か月の組合休暇を取って、自分の病院に協約行動チームを組織するためにフルタイムで動いてきた。今年の年末までに80人の看護師が同じことをする予定である。

 ゴンザレスさんは病院の全ての部局の全部のシフトに一人ずつの看護師が協約行動チームに加わることを当初の目標にした。そしてまだメンバーがいない所では、志願するよう働き掛け、看護師たちを育てた。

 「最初にしたことは協約行動チームのメンバーが自分のシフトの全員に気楽に話し掛け、要求署名を頼めるようにすることでした。その次は現場周りを一緒にして、病院中の部局を回って資料を配ったり、状況報告をすることでした。実地教育です」とゴンザレスさんは語る。

 モンテフィオーレ病院では現在では100人以上の協約行動チーム・メンバーがいる。毎週の電話会議ではメンバーたちは交渉の最新状況、行動予定や病院での出来事について議論している。

●400人が団交参加

 マウント・サイナイ病院の集中治療室の看護師、チェ・クォンさんも組合休暇を取って現場周りを経験した。それぞれの部局に行くと、そこの看護師がみんなを休憩室に数分間集めてくれる。そこで彼女は報告をして、公開の労働協約交渉に参加する人を募った。

 交渉のテーマが具体的に、例えば人員問題、有給育児休暇、同一賃金、退職者医療保険など、と決まっていたので組織化しやすかった。「組合員に事前に証言書を書いてもらって、交渉に提出するのです」とクォンさんが言う。

 配置人員基準が議題になった時には400人の看護師が交渉に参加し、発言する機会も与えられた。「病院理事者に患者の要求を直接突きつけるのは勇気がいります。そのことにより私たちがどんなに怒っているか示すことができました。」

 ノースウェスト・ブロンクス宗教者・住民共闘のような地域団体も団体交渉の場で発言して、患者が溢れている状況を改善するように病院に迫った。看護連盟は労働協約の中に地域支援委員会についての条項を入れることを要求している。その委員会は看護連盟、地域団体と病院当局からなり、当面の問題について協議する。また委員会ができれば、看護連盟が地域団体を病院に招いて視察をしてもらうことも出来る。

●ピケとスト権投票

 2月13日に看護連盟は13の病院で情報宣伝ピケット行動を行った。心電図遠隔測定法担当看護師のピ−チー・ゴメスさんはマンハッタンにあるプレスビテリアン医療法人ミルステイン病院前のピケ行動に参加した。「全ての患者に平等な看護をしたいのです。しかし、人員不足で重篤な患者がいればその患者に集中して、他の患者はほったらかしにするしかありません。」と、21年勤続のゴメスさんは言う。「私の夫もこの病院の看護師です。なのでストすれば二人とも賃金カットされますが、それでも私たちは仲間と一緒にストします。このストがどんなに大切か分かっているからです」
 次の段階は、交渉委員にスト権委譲する投票を行うことである。


Created by staff01. Last modified on 2019-03-24 14:10:10 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について