本文の先頭へ
LNJ Logo 台湾の富士ゼロックスのストライキ : 労使交渉をまえに全土から組合員が台北に結集
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1101taiwan
Status: published
View


〔レイバーネット国際部〕

台湾の富士ゼロックスのストライキ(昨日で8日目)の続報ですが、昨日の労使交渉をま えに、台湾全土の富士ゼロックス支部から100人が結集して勤労権を訴えました。 以下、苦労網の報道の訳です。原文と写真はこちら
https://www.coolloud.org.tw/node/91801
===============

台湾:富士ゼロックス
労使交渉をまえに台湾全土から組合員が台北に結集

2018/10/30 張智(苦労網記者)

富士ゼロックス労組のストライキは8日目に突入した。今日(10月30日)午後、労使交渉 が行われるが、会社からの回答を促すために、労働組合は台北、三重、中歴、台中、高雄 の五つの地域で行われているスト拠点から100余名の組合員を動員して、日本交流協会[ 国交のない台湾での日本政府の代表機関で外務省・経産省が管轄]に結集し、「日本企業 は解雇するな、働く権利を保障せよ!」と声をあげ、日本企業の富士ゼロックスが解雇を やめて、労働者の勤労権を保障することを求めた。

日本企業の富士ゼロックスは台湾で300人の整理解雇を計画している。富士ゼロックス労 組は10月23日から台湾全土でストライキを打ち、今日で8日目に入った。労組はこれまで に労働部、外交部に要請行動をおこない、日本交流協会で座り込みなどを展開し、今日の 労使交渉に至っている。労組は台湾各地にある倉庫でピケを張っている組合員から100余 名を台北に動員し、日本交流協会に申し入れを行い、その後、台北の台湾本社で交渉結果 を待つ。

富士ゼロックス労組の鄭炎委員長によると、昨日、台湾富士ゼロックスの勝田昭典董事長 と交渉したが、会社側が受け入れたのは組合員に対して懲罰や警告など不利な扱いを行わ ないということだけで、従業員らの勤労権の保障は難しいとの考えを示したという。鄭委 員長は、日本企業はたった200〜300人の勤労権さえも保障できないのか、まるでか つての植民地時代のやり方で台湾人を抑圧するのか、「台日友好」とはたんなるイメージ だけのものなのか、「日本企業が中華民国憲法で保障されている勤労権の考えに反した行 為をしながら、台日友好を語る資格などあるのか?」と厳しく批判した。

三重倉庫の職員で、富士ゼロックス労組の監事の孫元敏によると、会社側は三重の倉庫か ら在庫を持ち去ろうとしたが、三重倉庫の組合員らがピケを張って会社の侵入を阻止して 、ストライキのピケット・ラインの防衛に成功した。孫氏は、この数日間は、組合員が不 満を漏らすこともなく、交代で夜を徹して三重倉庫を守っているので、他の地域の組合員 も、会社が勤労権の保障を約束するまで、最期まで持ち場を堅持してほしいと語る。

富士ゼロックス労組の上部組合の桃園市産業総工会の荘福凱委員長も応援に駆け付け、赤 字も出していない台湾支社でリストラをする日本企業を批判し、日本企業がかつてのよう な植民地的考えで台湾の労働者に接することのないよう訴え、早急に労使交渉を行うこと を呼びかけ、桃園市産業総工会の役員と組合員は全力で富士ゼロックス労組のストライキ を支援することを表明した。

富士ゼロックス労組は日本交流協会への要請行動を終え、一列縦隊で近くの富士ゼロック ス台湾本社まで歩き、オフィス街の人々に対して「わたしたち富士ゼロックスの社員はみ なさん同じサラリーマンですが、会社からいじめられています。みなさんも労働組合を結 成しましょう」と訴えるとともに、勤労権の保障という労働組合の求め会社が応えるよう 訴えた。


Created by staff01. Last modified on 2018-11-01 11:22:26 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について