本文の先頭へ
LNJ Logo 「安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!10・19国会議員会館前行動」に2900人
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1019hokoku
Status: published
View



*写真提供=ムキンポさん

・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」 ・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。 ================================ 昨日(10/19)東京で、 「安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!         10・19国会議員会館前行動」 が開かれ、議員会館前歩道がぎっしりになる 2,900人が結集しました。 最初のコールでは、 「改憲発議必ず止めよう!」「自衛隊明記絶対反対!」 などのコールの後、 「沖縄県知事選勝利したぞー!」「民意を尊重しろー!」 「ジュゴンを守れー!」「オスプレイ飛ばすなー!」 「那覇市長選勝利!」のコールが続き、 その後、モリトモ・カケ問題、原発再稼働問題のコール。 次いで、 「北東アジアに対話で平和を!」、「安倍政権は邪魔するな!」 「戦争法は必ず廃止!」「戦争できる法律いらない!」 「みんなの力で政治を変えよう!」 「市民と野党は連帯するぞ!」と続きました。 最初に、野党からの挨拶がありました。 <社民党・福島みずほ議員(参)>  沖縄の玉城デニーさんの大勝本当に良かった。  翁長さんの後継者とし圧勝した。  それに学んで、本土・国会でもやっていこう。  県民葬で菅氏に対し「ウソつくな!」「帰れ!」  と言うヤジが飛んだ。  首相と玉城県知事との面会後、  防衛省は国交省に「不服審査請求」を申し立てた。  これは市民が行政に対して使うものだ。  同じ役所が申し立てをする。自作自演だ。  ふざけたやり方だ。許さない。  10月24日からの臨時国会に、  安倍首相は「憲法改正案を出す」と言っている。  自民党の総務会も経ずに、審査会で議論できるのか!  安倍首相は、9条改憲、これだけをやろうとしている。  昨年11月30日、安倍首相に質問した。  「集団的自衛権の行使に自衛隊が入るのか。」  するとそうだと言った。国民の力で阻止しよう。  沖縄の闘いは、一人一人が闘えば政治を変えられることを示した。  国民のすべての皆さん、発議許さないの闘いを、  元気に、楽しく、明るく、やっていこう! <立憲民主党・菅直人議員(衆)>  自分はかつて首相の時、憲法の「地方分権」問題を議論した。  その際「自治権」を強く持たせる、  憲法94条にはそう書いてあると答弁した。*   *(地方公共団体は・・その財産を管理し、事務を処理し、   及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定する   ことができる)  しかし、今安倍総理は、忖度させ、法制局に代弁させている  24日から臨時国会で「発議する」と言っているが、させない!  自分が総理の時に起きた福島原発事故で、考えを180度変えた。  人類と原発は共存できない。  先月、東海第二原発で、40年限度の原発を、  規制委員会はあと20年稼働できるとした。  しかし、周辺6自治体の合意がなければ  動かさないことになっている。  絶対動かしてはならない。  今度自分は、経産委員会に所属することになった。  しかし原子力村はおべっか使いの人たちだ。  アベに退陣してもらうしかない。  野党と市民が手を結んで政権交代へ! <共産党・田村智子議員(参)>  本日はここに人がいっぱい来ている。  沖縄の圧勝で、心に灯がともったから多いのではないか。  全国に勝利の喜びが広がっている。  強権政治を沖縄の皆さんが打ち破った。  よし、私たちも打ち破ろう、と。  消費税、原発再稼働など大多数の反対の民意を無視して  強権政治を続けてきた。  沖縄のように闘い勝利を!  沖縄では、基地を真ん中にし、保・革が心を一つにして勝利した。  今こそ、市民と野党の共闘を!  安倍首相は、憲法について自衛隊員の前で発言している。  このように憲法を理解していない発言が何度もある。  一体、国民の中にそういう世論が熟しているのか。  安陪総理が煽って(改憲を)やれっていうのは  本末転倒、憲法違反だ。  ウソをつく内閣に憲法を語る資格はない。  多くの国民が総理をウソつきと思っている。  安倍首相はウソをつき続け拡大している。  まさに危機的状況だ。  安倍政権の政治は国民の前では大破綻している。  参院選は一人区で共闘できるかだ。後押しをして欲しい。 その後、主催者挨拶が行われました。 <総がかり行動実行委員会・小田川さん>  沖縄での勝利を政治の変化の起点にしなければならない。  朝鮮半島では緊張緩和。しかし日本政府は20年前のままだ。  防衛庁は国交省に不服審査請求をした。  沖縄の民意を深く検討し、真摯な協議を行おうとしない。  とても許せない。  沖縄では、オール沖縄を支持した野党、という闘い方だった。  市民と野党の共闘を発展させるものとなった。  参院選では、候補一本化へ諸課題の基本的政策の一致を。  そして、市民と野党の共闘を再確認する。  チコちゃんも「ボーっと生きてんじゃないよ!」と言っている。  モリ・カケは終わってない。柴山、片山など、在庫一掃内閣はボロボロだ。  私たちの声を強める時だ。安倍政権に引導を渡そう。 その後連帯挨拶として以下の方々が発言しました。 <原発再稼働に関して・弁護士の海渡さん>  この間の被告人尋問で、  なぜ事故が起きたのか、東電の幹部は何をやっていたのか、  が明らかになっている。驚くべき事実だ。  津波対策はお金がかかるから何もしなかったことが  ハッキリした。有罪判決を勝ち取りたい。 <裁判のため福島から来られた橋本さん>  (東電の幹部らは)自分たちの反省がない。  人に謝らない。人には尻を向けて裁判長に最敬礼している。  彼らは自分たちを守るために裁判をしている感じだ。  双葉病院で44人もどのようにして亡くなったか。  放射線が高く、近づける状態でなく、防護服も遅く、  救助も一旦中止され、長引いたのだ。  放射能で命を失ったのだ。 <オスプレイ反対の件・テント村の大洞(おおぼら)さん>  10月1日から配備と言うが、すでに4月から飛んできた。  行動がわかりにくい。特殊部隊が隠密作戦行動をやるからだ。  普天間に24機、横田に5機、さらに自衛隊が17機買うと言う。  そして日本版海兵隊の基地を佐賀に置くと言う。  なぜ、横田へ来るのか。  それは朝鮮半島融和の中での戦争準備のためだ。  戦争の挑発だ。  イージス配備も進みつつある。値段はどんどん上がっている。  それに使われるミサイルは1発37億円だ。  安倍政権打倒を! <辺野古沖埋め立て土砂搬出反対首都圏の森さん>  海面からの高さ8メートルの基地を作ろうとしている。  相当の土砂が必要だ。その75%を本土から搬出する。  沖縄と本土は気候帯が異なる。  土砂には特殊(?)外来生物も入っている。  そのことに具体的な対策がないまま、8月から土砂を投入した。  生態系が異なる間での大量の土砂の移動は、  国際的な環境破壊にもつながる。  海域保護域として登録していく。  国際社会との連帯の道でもある。 <「教育勅語」に反対する宗教者ネットの渡辺さん>  10月2日の柴山文科大臣の発言。  「教育勅語」は戦後排除されたもの。  しかし、安倍内閣になってから何度も出て来る。  宗教者ネットでは54名のよびかけで昨日  声明を発表した。撤回と辞任を求めている。  署名活動に賛同を。  柴山発言では、教育勅語には普遍性があり検討に値する、  というようなことを述べている。  これは復活させようとする発言だ。決して許されない。  柴山だけではない。安倍内閣は日本会議内閣だ。  一日も早い退陣を! 最後に行動提起として、 <総がかり行動実行委員会の高田健さん> が以下の様に述べました。  臨時国会にアベは改憲案を提出すると言っている。  無茶苦茶に憲法を破っているアベに、憲法を語る資格はない。  憲法審査会再稼働を許さないために全力で頑張る。  アベ=アソウは、来年に発議⇒国民投票と考えている。  わずか半年もしないうちに、憲法を変えると言う。  絶対許されるものではない。  沢山の闘いが私たちの前にある。  一つ一つ闘いながら、同時に安倍内閣打倒の一点で  大きく連帯していかなければならない。  バラバラでは勝てない。総がかりで闘わなければならない。  日曜日(10月21日)は、那覇市長選だ。  沖縄の闘いに学びながら闘いを進める。  当面次の行動を計画している。  10月20日(土)14:00〜 首相官営前行動  10月24日(水)12:00〜13:00 臨時国会開会日行動  11月3日(土)14:00〜15:30 国会正門前行動  3000万署名活動は、改憲発議を阻止するまで続ける。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 発言では、多くの方が沖縄県知事選大勝で励まされたと語っていました。 沖縄の勝利に学び、かつそれをステップとして、 諸戦線の仲間が連帯し安倍内閣を打倒する! という共通の課題が鮮明になってきた 「10・19国会議員会館前行動」だったと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 都教委包囲首都圏ネットワークでは、 今年も「都教委包囲要請行動」を以下の要領で行います。     「10・22都教委包囲要請行動」 <目的・概要>都教委のこの間の教育行政に関する抗議・要請。   この中には、「日の丸・君が代」強制反対をはじめ、   裁判で都教委作成のウソの陳述書へ、校長に署名・捺印させ提出させていること、   性教育では現場の実態とかけ離れた指導をしていること、   五輪教育が国威発揚・ボランティア奨励の場になっていること、   学校での条件整備をせずに始めた「英語村」(有料)の問題点、   などもあります。   その他、都教委に物を言いたい団体・個人の方の参加を歓迎します。   要請文・抗議文が有っても無くても、どうぞおいでください。   <日時・場所など>    10月22日(月)     15:30 都庁第一調査前集合       (シュプレヒコールと簡単な打ち合わせ)     16:00〜17:00 都教委要請行動     終了後、都庁前での簡単な報告会 ==== ================ 【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎) ======================== 東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし) ======================== 対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう! ================================ (このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。 ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。) ********************************************************************* 「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス http://houinet.blogspot.jp/ 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ

Created by
staff01. Last modified on 2018-10-21 10:19:27 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について